« とりあえず、まず1つ | Main | ANA、紙チケットを廃止 »

Aug 12, 2007

出産環境、悪化

出産環境さらに厳しく/神奈川県内
  〔神奈川新聞〕

 子供ができたことで、こういう話題に敏感になりました。幸いなことに、平塚市は産院が総合病院、個人医院共に十分な数あったので、産院探しで困ることはありませんでしたが、市町村によっては、公営病院の産婦人科でさえ閉鎖に追い込まれているところは少なくないようですね。
 ただでさえ、24時間365日、出産は時間を選んではくれないので、産婦人科医は休まるところがありません。加えて、最近増加傾向にある訴訟リスク。産婦人科医が慢性的な人手不足になったことは、想像に難しくはありませんでした。しかし、それをもって「致し方のないこと」で済ますわけにはいきません。場合によっては、立法手段を用いて自体を改善する必要があるように思います。

|

« とりあえず、まず1つ | Main | ANA、紙チケットを廃止 »

ニュース・コラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47695/16081653

Listed below are links to weblogs that reference 出産環境、悪化:

« とりあえず、まず1つ | Main | ANA、紙チケットを廃止 »