« July 2007 | Main | September 2007 »

August 2007 posts

Aug 31, 2007

専門書の山

専門書の山

 ここ数日、部屋を片付けているわけですが、今日は、本棚を整理するために、棚に入っていた専門書を取り出してみました。そしたらね、こんなに山になっちゃったんですよ。
 まあね、夏期休講中なので、院に置いてあった本をあらかた持ってきている上、図書館でもフルに借りているということもあるのですが。大学時代の本とか、色々併せたら、こんなになっちゃったんですわ。多くの本が、なんとなく「積ん読」状態になっている気がしなくもないですね(^^;
 古本屋とかで最新版の本を見つけると、つい買っちゃったりするんですよね。読んでる時間ないのにね。まあ、これからは、図書館で借りることが中心になるのかな。

 というか、また本棚に入れ直すのが一苦労だ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 30, 2007

ブログ共通トップページ

 前々から考えていたことなのですが、時間がなくて今までできませんでした。
 それをね、ついに今日、実行に移したわけです。

 「何を?」って?まあ、大したものではないのですが、ブログ共通のトップページを作成しました。以前は私、3つのブログを持っていたのでね(現在は2つ)、共通のトップページが欲しいなと思っていたんです。しばらく前にドメインは取ったのですが、それからずいぶんと時間がかかってしまいました(^^;

 なお、ホームページは『飛鳥ほーすくらぶ』です。ページタイトルは、以前私が管理していたページのタイトルから持ってきました。
 まあ、報告ってことで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 29, 2007

サンタクロースが歌ってくれた

サンタクロースが歌ってくれた

 今、家の模様替えというか、子供のスペースを空けるために部屋を整理しているのですが、そんな中こんなものが出てきました。これだけ見て分かったあなたはなかなかのマニアです(笑)
 これは、演劇集団キャラメルボックスの1989年初演の舞台『サンタクロースが歌ってくれた』の小説と公演を収録したビデオです。私は、キャラメルボックスの舞台の中でもこれが一番好きでして。でも、舞台でのシナリオよりも、小説の方が私は好きかな。やっぱり、舞台の後に書かれたものなので、ちょっと練り直してるんですよ。あとは、時間的な制約もないということで、舞台よりもちょっと奥行きのある話になっています。既に絶版なのですが、もし古書店等で見かけたら、是非一度手に取ってみて下さい。そうそう、収録ビデオの方も、もう販売は終了しているんです。これは、サポーターズクラブ向けに在庫一掃セールで販売されたときに買ったもの。それほど昔の公演ってことですね。

 あらすじは、「クリスマスイブに鈴子は芥川龍之介と平井太郎(江戸川乱歩)を主人公とした探偵映画「ハイカラ探偵物語」を見に行ったのだが、その中で犯人である怪盗黒蜥蜴が突如映画の中から逃げてしまう。犯人は自分ではないというのである。そして、それを追って映画のキャラクタ達が次々とスクリーンから飛び出す。かくして彼らは鈴子とその友人雪美とともに、真相を求めて東京中を駆けめぐる。タイムリミットは、上映終了までの120分!!」といったもの。ちなみに、小説だと、演じた役者の名前がそのまま登場人物の名前として登場します。「上川隆也」とかね。ハイカラ探偵物語の作者なんか、そのままこの本の著者である「成井豊」ですし。
 とにかくね、オススメなんですよ。この小説、なんで絶版になっちゃったのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 28, 2007

集中豪雨

首都圏で雷雨 各地で停電、鉄道も運休
  〔朝日新聞〕

仙川駅前

 昨日の集中豪雨、凄かったですね。車を運転しているとね、もう、10m前が見えなかったですよ。ワイパーを最高速度にしても全然視界が確保できなくて、ホント恐かったです。私はちょうど仙川駅前にいたのですが、駅ではバスを乗るにもバスが来ず、もちろんタクシーもフル稼働。そもそも、乗り場まで出て来られないほどの豪雨でした。
 落雷もあってね。何回か凄まじい音がしました。西武新宿線がその影響で不通になったみたいですね。

雨雲レーダー

 なんでも、秋雨前線が降らせた雨だそうですね。携帯電話で調べてみたところ、ホント東京南部の一部地区への集中豪雨だったみたいで。いや、しかし、凄まじかった。「バケツをひっくり返したような」という表現がまさしく当てはまるような雨でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 27, 2007

馬インフルエンザの猛威

開催中止についてJRAが記者会見
  〔netkeiba.com〕

 JRAは、早くも「収束に向かっている」として競馬を開催しました。まあ、これから秋のGIシーズンを控えており、まもなくその前哨戦が始まります。これ以上は中止するわけにはいかなかったのでしょう。
 しかしまあ、競馬の開催中止というのは衝撃的でしたね。馬インフルエンザがどの程度脅威なのかは、発症した馬がほとんどいない状態なので、いまいちピンとは来ていませんが、中止するくらいなので、かなり深刻なウィルスなのでしょうね。JRAの馬インフルエンザ対策が功を奏して大事に至っていないだけ、ということなのかな。感染源はどこなのかなど、これからの調査が注目されます。

 馬インフルエンザでメイショウサムソンが凱旋門賞を断念。あの馬は、ドリームパスポートのライバルなので、是非頑張って貰いたかったのですが。残念です。まあ、発症していないようで何よりでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 26, 2007

海軍カレーがカップ麺

海軍カレーがカップ麺に
  〔神奈川新聞〕

 カップヌードルシリーズのカレー(いわゆるカレーヌードル)の期間限定版として、海軍カレーヌードルというのが発売されたそうです。8月20日から発売で、全国のセブンイレブンやイトーヨーカ堂で販売しているそうです。
 今のところ見かけてはいないのですが、見かけたら是非買って食べてみたいです。海軍カレーは、ちょっと普通のカレーと味が違うんですよ。なのでね、どこまで味がマッチするかは疑問ですが。でも、やっぱり食べてみたいなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 25, 2007

高砂部屋の夏合宿

公開朝稽古

 何かと世間を騒がせている高砂部屋ですが、現在、平塚で夏合宿中だったりします。毎年この時期に平塚総合公園で合宿しているんです。それも、今週末までのこと。そこで、この週末にかけて朝稽古が公開されるのです。思わず観に行ってしまいましたよ。
 観客は意外に少なかったかな。それでも早朝から100人以上いたみたいだから、盛況といっていいでしょう。おじいさん達ばかりかと思いきや、家族連れなどもパラパラとではありましたが、観に来ていました。やっぱりね、間近で力士を見る機会なんてなかなかないですからね。

朝赤龍と朝陽丸

 現在、高砂部屋は幕内力士が朝青龍と朝赤龍の2人だそうで、他は皆、幕下力士でした。まわしの色が違うんですよ。幕内は「白」で、幕下は「黒」。
 しかし、相撲界ってところは、やっぱり実力世界なんですね。年下の朝赤龍に朝陽丸がけちょんけちょんに言われていました。朝陽丸、怪我をしたせいで今まで幕内に上がれなかったようなのですが、流石、学生横綱。幕下力士の中では最も強いように見えました。近いうちに幕内へ上がってくるのではないでしょうか。
 そうそう、あとは、力士同士は本名で呼び合うみたいですね。名字で呼び合っているのが、なかなか違和感がありました(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 24, 2007

本栖湖一周しました

本栖湖

 先日、富士山の麓まで行った際に、富士五湖の一つ、本栖湖へも行ってきました。
 本栖湖といえば、不凍湖であるために、数年前まで『本栖競艇学校』という競艇選手の養成学校があったのですが、現在は、福岡県へ移転してしまいました。現在、その場所は、ほぼ居抜きで『臨済宗 本栖寺』というお寺になっています。ちょっと興味があったので行ってみたのですが、どうも台湾の宗教団体らしいです。華僑らからの支持が厚いらしく、とても立派な施設でした。しかし、臨済宗というのは、台湾にもあるのでしょうか。仏教学校へ通っていながら、全然仏教のことは知りません(^^;

 まあ、それはいいとして、本栖湖というのは観光地として開発されている河口湖や山中湖とは違い、ホント自然がいっぱいって感じですね。本栖湖一周する道路も、「かろうじて舗装されている道」って感じですし。お店なんか、国道沿いに数件しかない。まあ、そこが良いのかも知れませんが。
 旧五千円札の富士山の絵柄はここから見た富士山だということで、流石、とても景色は良かったです。静かだし、キャンプとかには最適かな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 23, 2007

そごう、ベイクォーター合同キャンペーン

開業一周年でそごうと共同販促キャンペーン/横浜ベイクォーター
  〔神奈川新聞〕

 前々から色々なところでいわれていましたが、やはり相乗効果が出ているようです。横浜ベイクォーターができて以来、横浜そごうは売り上げが10%程度増加しているそうです。私もそれだけというわけではないですが、最近は横浜そごうで買い物をすることが多くなってきました。
 そういうこともあって、現在この両店舗は共同でクーポンを発行して販促キャンペーンを実施しているそうです。ドリンクが無料となったり、サンプルがもらえたりするそうなので、8月中に横浜に行くことがあれば、利用してみたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 22, 2007

どうでしょう班、砂を採取

人気番組、鳥取砂丘で砂採取・・・7年後おわび
  〔毎日新聞〕

 何とも皮肉なものです。人気がありすぎて、違法行為が発覚。
 いくら知らないといっても、鳥取県民ですら知らないような条例であっても、法令は知らない者が悪いのですから、もはや何を言っても仕方がないことです。まあ、今回の場合、砂丘から飛んできた砂を外見上砂丘外の場所(但し、国立公園地域内)で採ったという行為ですから、知っていたとしても微妙なところですけれど。
 この問題で、「水曜どうでしょうが無くなっちゃう」という心配をなさっている方も多々おられるようですが、まあ、この番組は、全国のテレビ局に販売されているものですから経営的な観点からも、また、もっと悪質な違法行為を図らずも日常的にテレビが行っていることからも、まず、番組が無くなることはないでしょう。おそらく、環境省の対応も厳重注意くらいで終わるでしょうしね。刑事訴訟法上の公訴時効にかかっていますので、行政刑罰も科されませんし。ただ、新作の制作等様々な面で何らかの影響が出る可能性はありそうですね。

 しかし、この件で、どうでしょうにおける鳥取の地位が暴落してしまいました。この件で、名作である『カブ西日本』が封印されてしまうことになったのですから、鳥取県民を責める方の気持ちも分かります。私も少なからず「なんでそんなこと通報するんだ」という気持ちはあります。しかし、決して鳥取の方々は悪いことをしたわけではありません。ただ、正しいことをしただけです。鳥取県民を責めることは、間違っています。

 それにしても、カブ西日本。姫だるまが出てきた企画ですし、企画自体が前半後半で分けられているもの。なんとか完全封印は避けてもらえないだろうか、と願って止みません。


【同話題に対する他の方の記事】
ロースクール徒然日記
チョキチョキ日記

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Aug 21, 2007

お寺の鐘突堂

鐘突堂

 やっぱり、携帯のカメラ、もうダメみたいです。

 近所のお寺の鐘突堂です。なんとね、勝手に鐘を着くことができます(笑)
 普通はね、お寺の和尚さんなんかが、時間を知らせる鐘として突きますよね。でも、ここの鐘は、近所の子供が遊んでいったついでに突いていったりします。
 でも、本当に、勝手に突いて良いんだろうか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 20, 2007

神奈川県の合併事情

市町村合併構想の素案まとめる/神奈川県
  〔神奈川新聞〕

 神奈川県が出した、素案本体を読みました。
 それによると、平塚市は湘南西圏に属し、秦野市と共に同圏の中心都市として連携、合併する方向で、ということだそうです。
 しかしねえ・・・。これって厳しいですね。この圏域を策定した理由がよく分からない。おそらく、この地域で広域連携が取られているのが伊勢原と秦野しかないこと、平塚は現在、ほとんど独立愚連隊状態で、振り分けに困ったこと、などが考えられます。まあ、おそらく、他の地域に振り分けづらいと思われる狭間の都市をすべて一緒くたにしたらこんな感じになったというところでしょう。
 平塚は、自前でほとんど何でもできてしまうため、他の市と連携する必要性に乏しく、現在、特に広域で連携していません。そういうこともあってか、平塚市民自体が「合併」に対してあまり積極的ではない気がします。しかし、これから先も、平塚市がこのまま単独でやっていけるかといえば、規模、財源等、少々無理がある気もします。やはり、合併は視野に入れるべきでしょう。

 では、いったいどの都市と合併を検討するべきか。平塚にとって、ある意味理想的であったのは、やはり湘南市構想でした。藤沢や茅ヶ崎などとの合併です。第一に、政令指定都市になれたことが挙げられますが、それ以外にも、湘南ブランド等による地域活性化なども挙げられるでしょう。しかし、これが実現した場合、おそらくは市の中心は藤沢に移行したことでしょう。その場合、平塚はいったいどうなったか。それについては検討する必要があります。
 まあ、実現しなかった構想からは離れて検討すると、茅ヶ崎とはまずない気がします。茅ヶ崎は藤沢と関係が深いですし、市民レベルでも、茅ヶ崎市民についてはよく分かりませんが、平塚市民が茅ヶ崎へ行くことは日常あまりないので、ほとんど交流がありません。行政レベルでも市民レベルでも交流がないのは厳しいといえます。

 今回の神奈川県の素案について考えれば、大磯、二宮についていえば、その市民性についてはだいぶ違いがありますが、そういうことを抜きにして市民レベルの交流があるといえば、少なくとも茅ヶ崎よりは盛んにあるといえます。高校も同じ学区ですから、親しみもあるでしょう。それに、以前から合併話が度々あがっている間柄でもあります。国道1号線や東海道線があるため、交通の便も極めて良好です。
 しかし、伊勢原、秦野は少々厳しい気がします。主要幹線道路が整備されていなくはないですが、それほど太いラインとはいえず、また、公共交通機関も充分に整備されているとはいえないため、南北の交流はそれほど盛んではありません。人の流れは素案にあるほどはないといえます。平塚、大磯、二宮は東海道線、秦野、伊勢原は小田急線で、まったく圏域が違うといえます。まあ、秦野はまだ土地が空いているので、平塚の会社が工場等を持ったりということは、今後あり得るとは思いますが。現状では、この二つを一緒くたにするのは、至難の業だといえるでしょう。完全に分離してしまう気がします。中井町に至っては、相当厳しいといえます。

 まあ、合併には実際、もっと複雑な問題がでてくるでしょうが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 19, 2007

スティルインラブ、死亡

3冠牝馬スティルインラブが死亡
  〔netkeiba.com〕

 史上二頭目の牝馬三冠馬スティルインラブが、その短い一生を終えました。
 牝馬三冠を取った牝馬は、その華やかな現役時代とは一転して引退後は不遇であります。史上初の牝馬三冠馬のメジロラモーヌは、結局、産駒に恵まれませんでした。
 いずれにしても、繁殖牝馬としてはこれからの馬でしたから、関係者の無念や計り知れないでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 18, 2007

何故かダーツへ

ダーツ

 今日は、久々にW.Dとダーツへ行ってきました。
 今日は法科大学院の自主ゼミがあったのでね。都合が合えば、帰りに「ラーメンでも食べようよ」というつもりで電話を掛けたら、ダーツへ行こうということになって。

 5月以来だから、およそ3ヶ月ぶり。ホント、何か無いとやらないなあ。
 今回は、茅ヶ崎にあるネットカフェ『ゆう遊空間』にて。ここはね、通常料金でダーツをやり放題なんですよ。なので、長時間やるならば、ダーツバーとかへ行くよりも、ずいぶんと安くダーツがやれるわけです。加えていうと、飲み物も無料ですからね。だいぶ安く済ますことができます。

 で、ダーツの話に戻りますが、今回、COUNT-UPで自己新を更新しました。613。今までは、500台がベストでしたからね。やれば結構いけるものです。まあ、偶にしかやらないので、やはり、精度は思うほど上がってはいないのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 17, 2007

朝青龍、2場所出場停止

朝青龍、2場所出場停止の処分 日本相撲協会
  〔朝日新聞〕

 朝青龍、地方巡業を休み、勝手に帰国して、巡業を休むほどの怪我をしているはずなのに、モンゴルでサッカー。
 ワイドショーは、この「処分の原因となった行為」についてよりも、朝青龍の「精神状態」についての報道がメインになってきてしまって、事の本質を捉えていない状況となっていますが、まあ、この問題の最も重要なことは、「本当に怪我をしていたのか」ということでしょう。そして、それを突き詰めれば、「朝青龍は、本当に横綱の器か」ということ。
 日本の武道は、「道」と付くことからも分かるとおり、すべて精神論にたどり着きます。つまり、日本に置いて武道はすべて、精神鍛錬の場ということになります。そういうところから、相撲の頂点の存在である横綱というのは、「心技体」のすべてを兼ね備えた、他の者の模範となる存在である必要があります。しかし、朝青龍にはこのうち心と技が欠けています。特に、心。
 国民性の違いということは、少なからずあるとは思いますが、他のモンゴル出身力士は少なくとも「強ければいい。勝てば何でも許される」という考え方、態度を表してはいないことから、やはりこれは朝青龍個人の問題として考えるべきです。

 これまで、朝青龍の我が儘を許してきた高砂親方や相撲協会も許されませんが、これほどのことをやったのですから、ハッキリ言って、朝青龍は引退すべきでしょう。尊敬できない横綱なんて、存在価値がない、これまでの横綱が築き上げてきたものを壊すだけの存在です。
 引き際くらいは、綺麗に終わらせて欲しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 16, 2007

富士山レーダードーム館

富士山レーダードーム館

 富士吉田にある『富士山レーダードーム館』へ行ってきました。これは、かつて富士山頂にあった富士山レーダーを移築して博物館として一般公開しているものです。
 館内では、富士山レーダーが建設されるまでの歴史、測候所での生活やその生活の体験コーナーなどの他、NHKのプロジェクトXが放映されており、また、富士山レーダー建設の気象庁側責任者であった新田次郎氏の書籍が展示されていたりします。なかなか見応えがあります。

 でもね、突然、停電しちゃったんですよ。この日は落雷が凄かったので、おそらく近くの電柱にでも落ちちゃったんでしょうね。付近全体が停電してしまいました。なので、全部は見て回れなかったんですよ。残念。
 まあ、また今度行くとしましょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 15, 2007

そして、2つめ

PRM認定証

 先日、やはり密かに受験していたリスクマネジメント協会主催『Planner of Risk Management』に合格し、認定証が届きました。
 この資格はね、色々といわれています。何てったって、資格講座の販売委託会社の勧誘が怪しすぎるのです。勧誘してくるおばちゃんがね、「無知」だし「しつこい」しね。それに加えて、高い受講料。まあ、司法試験予備校の受講料に比べれば、たいしたことはないですけれど(笑)

 協会自体は学者、実務家を中心に実際活動しているようで、リスク分析等の情報を会員に盛んに発信していること、講習会等も一定の頻度で行われていること、また、役員や会員に弁護士が多数おり、その方々も実際に会員として活動していることから、「やってみようか」と受講したのが、大学生の頃。それからずいぶん放置していたのですが、このまま放置しても「お金の無駄」だと思い、この度受験したわけです。
 この資格がどの程度通用するものかは分かりませんが、まあ、とりあえず会の活動をみて、必要があれば協会の内情を報告していきたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 14, 2007

出生届を提出

出生届

 本日、出生届を提出してきました。
 出生届は自体は産院で貰ってきました。その際既に出生証明書部分は埋められた状態で渡されたので、あとは名前や住所などを書くだけ。これは結構簡単に書くことができました。

 まあ、そんなこんなで出生届を出しに市役所へ行ったのですが、これ、婚姻届と違って届出用紙を提出するだけではダメなんですね。都道府県、市区町村によって違うのでしょうが、出生届の他、住民票をはじめ、いくつもの手続を取ってきました。聞いてないよ(^^;
 そんなことをやっていたら、すべての手続が終わった頃には、もう数時間が経過していました。予想外に時間を食ってしまいました。これ、半日は覚悟しなければなりませんよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 13, 2007

ANA、紙チケットを廃止

全日空、紙のチケット廃止
  〔FujiSankei Business i.〕

 ANAが紙チケットの発券を、この秋から順次廃止することを決めたそうです。このような紙以外のチケットは、ANAよりも先にJALが開始していますが、今回はANAの方が先に行うようですね。
 要するに、『SKiP』に一本化するということなんですよね?まあ、SuicaやPASMOに慣れた人たちには、チェックインのときに多少手間取るくらいのことで済むと思われますが、それ以外の人には、チェックインから搭乗まで、終始混乱が起こることが予想されます。ただでさえ、混乱が起こる搭乗の際ですから、ANAはこの混乱をどのように回避するのか。注目ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 12, 2007

出産環境、悪化

出産環境さらに厳しく/神奈川県内
  〔神奈川新聞〕

 子供ができたことで、こういう話題に敏感になりました。幸いなことに、平塚市は産院が総合病院、個人医院共に十分な数あったので、産院探しで困ることはありませんでしたが、市町村によっては、公営病院の産婦人科でさえ閉鎖に追い込まれているところは少なくないようですね。
 ただでさえ、24時間365日、出産は時間を選んではくれないので、産婦人科医は休まるところがありません。加えて、最近増加傾向にある訴訟リスク。産婦人科医が慢性的な人手不足になったことは、想像に難しくはありませんでした。しかし、それをもって「致し方のないこと」で済ますわけにはいきません。場合によっては、立法手段を用いて自体を改善する必要があるように思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 11, 2007

とりあえず、まず1つ

ビジネス実務法務検定2級 合格証

 先日、密かに受けていた東京商工会議所主催の『ビジネス実務法務検定2級』に合格しました。
 まあね、流石に落ちるとは思っていませんでしたが、結局当日までほぼ勉強せず、実務分野の出題はまったく勉強したことがないからサッパリわからずで、ちょっとは心配してました(笑)

 さて、次は・・・。また黙ってよw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 10, 2007

銀河鉄道999の発車台は37億円

銀河鉄道999発車台は「37億円」 前田建設が試算
  〔朝日新聞〕

 こういうユーモア、好きです。
 建設会社が銀河鉄道999の発車台を実際に建設した際にかかる金額や時間などを試算したものをまとめた本が、この度出版されたそうです。これ、結構本気でまとめているらしいんです。
 なんでも、前田建設の社長さんが、建設会社はこれから新しい分野に打って出なければダメだと考え、その末に行き着いたのが「ファンタジー世界」の建造物だったそうです。発想は面白いですよね。

 ホントに造ったら、面白いですよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 09, 2007

激戦区神奈川は、桐光学園

桐光学園V、東海大相模は涙/神奈川大会
  〔日刊スポーツ〕

 編集、公開の都合から、だいぶ記事の公開が遅くなっちゃってます。すみません。もう、昨日から甲子園本戦が始まっちゃいますね(^^;
 で、夏の甲子園、神奈川県大会決勝は、「桐光学園×東海大相模」というなかなかの好カード。まあ、神奈川県大会は他都道府県と違って、準々決勝くらいから、どの試合を見ても甲子園レベルの試合なんですけれど。バッチリtvkで観ました。
 私は、私の母校を破った横浜創学館をさらに破った桐光学園を応援。まあ、もはや縁もゆかりもないんですがw

 途中、ホームでのクロスプレーで、桐光の奥野君が負傷した際の東海大相模のプレーは少々いただけなかったですが、それ以外は、お互い死力を尽くしていることがテレビ越しにも伝わってきて、良い試合でした。こういう「負けたら終わり」という状況が生み出すプレーこそが、高校野球の醍醐味ですよね。そして、それが不完全な高校生のプレーだからこそ、スーパープレーであったり、凡ミスであったり。そこにドラマがあります。だから、私はプロ野球よりも高校野球の方が好きです。
 両チームとも、序盤から点の取り合いで、見事な打線。どちらが優勝してもおかしくないレベルでした。勝った桐光には、是非、全国制覇を果たしてもらいたいです。

 しかし、奥野君の負傷で途中交代した山野君が、9回表に2点タイムリーを打った後、ベンチの奥で奥野君が泣き崩れている姿を見たときに、思わず私もウルウルしちゃいました。縁もゆかりもないんですがw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 08, 2007

湘南の海と江ノ島

湘南の海と江ノ島

 無理をしてきてくれたらしく、O.Tは9日から仕事だということで、今日は昼過ぎには帰らなければなりませんでした。しかしね、折角神奈川まで来て、このまま帰しちゃうのはあんまりなので、ちょっくら海まで行くことにしました。いわゆる、湘南の海というヤツです。
 しかし、夏の湘南は混みますね。普段でも混んでいるのに、平日にもかかわらず、大渋滞。普通なら30分少々で着くところを、1時間以上かかっちゃいました。

 昼食を取った後、砂浜に降りてちょっと遊んで、帰路へ。
 あっという間でしたが、わざわざ来てくれてとても嬉しかったです。でも、今度はもうちょっとゆっくりしたいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 07, 2007

親友二人の来訪

夜のビナウォーク

 一昨日ですが、大学時代の友人O.Tが急遽休みが取れたというので、彼女と一緒に赤ちゃんを見に来ることになりました。ということで、これまた急遽、同じく大学時代の友人C.Tも日程を合わせて東京へ来ることになりました。
 生まれて2日目、親戚よりも早く、この2人は赤ちゃんに会いに来たわけです(笑)

 3人とも想定していた時刻を大きく外して夕方に到着。30分くらい赤ちゃんと対面してきました。

 夜は、私も3人に付き合って、『オークラフロンティアホテル海老名』に泊まりました。このホテルは海老名のショッピングモール『ViNAWALK』と同時に海老名駅前の再開発の一環として建てられたホテルです。残念ながら、ホテルマン、設備ともにホテルオークラ東京とは比べものになりませんが、まあ、宿泊料から考えれば、なかなか立派なホテルだと思います。

 今回は、例年と違い、私の結婚式以来なので約4ヶ月ぶり。それでも、久しぶりだったので、話は盛り上がりました。
 ホントはね、年に2,3回くらいは会いたいけれど、見事なくらい、全員バラバラのところに住んでいるのでね、まあ、致し方なし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 06, 2007

無事、女の子出産

海

 生まれました。女の子です。

 陣痛開始から10時間あまりで出産という、安産でした。
 何事もなく、無事にすんで本当に良かったです。
 あとは、退院までに私が名前を決定できるかどうかです(笑)

 なお、子供の写真はmixiにあげていますので、そちらでどうぞ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Aug 05, 2007

菅野が振り逃げ3ラン

東海大相模振り逃げ決勝進出/神奈川大会
  〔日刊スポーツ〕

 なんでも、夏の高校野球神奈川県大会準決勝、横浜×東海大相模の試合で、信じられないプレーが起こったそうです。
 それは4回表こと、東海大相模の攻撃は、ランナー2人を残し、菅野が三振。誰もが「3アウト、チェンジ」と思ったプレーが、実は三振した際の投球が、ワンバウンドしての捕球となったので、「アウト」ではなく、ただの「三振」だったということらしいのです。
 通常、こういう場合は捕手が直接バッターにタッチするか、一塁に送球してアウトを宣告してもらうことになります。しかし、今回は当の捕手がそのことを忘れ、他のナインもそのことに気が付かず、全員ベンチへ。その隙に、それに気が付いた東海大相模の監督が「まわれ」と指示し、誰もいないダイヤモンドをバッターの菅野までもが回ってしまったということなのだそうです。
 横浜は、この3点が最後まで響き、結局、準決勝敗退となりました。横浜の、特にこの捕手にしてみれば「珍プレー」では済まされない、おそらくは一生忘れられないプレーになってしまったことでしょう。最終的には、それを指導せず、また指摘もできなかった監督のミスということになるのでしょうが、このプレーは、誰も責めることはできないでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 04, 2007

大磯海水浴場再び

海の家

 今日は、お義父さんとお義母さんがいらっしゃり、大磯の海水浴場へ遊びに行きました。
 奥さんの実家は東京なので、あまり海になじみがないらしいんですよね。ということで、ご案内した次第です。

 今日は、台風の影響もあり、海水浴にはギリギリの荒れ模様でした。それもあるかもしれませんが、大磯の海水浴場ってちょっと寂れました?昔から江ノ島ほどではないですが、海は人だらけだった気がするのですが。まあ、地元の人間からすると、このくらいの方が泳ぎに行きやすいですけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 03, 2007

第57回湘南ひらつか花火大会

花火

 今日は、奥さんと夏の風物詩『花火大会』へ行ってきました。
 平塚は海岸をもっているのでね、しっかりと花火大会をやるんです。まあ、規模は中規模で3000発なんですけれど。でも、しっかり1時間弱はやるんですよ。

 平塚の花火大会の特徴は、なんといっても「浜辺で観る」ということ。みんな、砂浜にレジャーシートを敷いて、座って観るんです。東京湾や横浜などの大きな花火大会とは違って、地元の人間しか見に来ないもんですから、観客も適量。始まる頃に砂浜に到着していれば、座る場所も余裕で確保できます。面倒な、席取り合戦もありません。

 今年、私たちが観た場所は、一応、公式なビューポイントだったのですが、海岸に常設されているスピーカーから『FM湘南ナパサ』の放送が流されていました。ナパサはこのとき、平塚花火大会の解説番組を放送していまして、浜辺にいながら、解説付き花火大会を楽しむことができました。まあ、多少邪魔な気もしますが、これはこれでなかなか良いものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 02, 2007

成城大学図書館へ

成城大学図書館

 我が法科大学院を設置している大学の、学部図書館にない本を借りに、成城大学まで行ってきました。かなり久しぶりの成城。建物が建て変わっていたり、無くなっていたりして、ちょっとびっくり。

 成城大学と現在私の所属している大学とは、様々な学術提携をしており、その関係でそれぞれの教員、院生は紹介状なしにそれぞれの図書館を利用できることになっています。ということで、私は、成城大学の卒業生としてではなく、現在の院生としての資格で図書館を利用することができるわけです。
 まあ、3冊まで2週間しか借りられない(但し、更新回数は無制限)ので、これから頻繁に行くことになりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 01, 2007

ハマのおじさんが13球団制覇

横浜工藤が史上初13球団から勝ち星
  〔日刊スポーツ〕

 先週のことになってしまうのですが。この日、横浜は村田の満塁本塁打などで大量得点。工藤は鬼門だった古巣巨人に初勝利しました。
 長かったですね。ホント、投げれば負けましたからね。
 しかし、工藤も現行12球団に近鉄バッファローズを加えて、13球団すべてに勝利するっていうのは、本当に凄いことですね。長く続けてこその記録。
 横浜も、連勝街道まっしぐらで、いよいよ1位が見えてきましたね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »