« 富士山レーダードーム館 | Main | 何故かダーツへ »

Aug 17, 2007

朝青龍、2場所出場停止

朝青龍、2場所出場停止の処分 日本相撲協会
  〔朝日新聞〕

 朝青龍、地方巡業を休み、勝手に帰国して、巡業を休むほどの怪我をしているはずなのに、モンゴルでサッカー。
 ワイドショーは、この「処分の原因となった行為」についてよりも、朝青龍の「精神状態」についての報道がメインになってきてしまって、事の本質を捉えていない状況となっていますが、まあ、この問題の最も重要なことは、「本当に怪我をしていたのか」ということでしょう。そして、それを突き詰めれば、「朝青龍は、本当に横綱の器か」ということ。
 日本の武道は、「道」と付くことからも分かるとおり、すべて精神論にたどり着きます。つまり、日本に置いて武道はすべて、精神鍛錬の場ということになります。そういうところから、相撲の頂点の存在である横綱というのは、「心技体」のすべてを兼ね備えた、他の者の模範となる存在である必要があります。しかし、朝青龍にはこのうち心と技が欠けています。特に、心。
 国民性の違いということは、少なからずあるとは思いますが、他のモンゴル出身力士は少なくとも「強ければいい。勝てば何でも許される」という考え方、態度を表してはいないことから、やはりこれは朝青龍個人の問題として考えるべきです。

 これまで、朝青龍の我が儘を許してきた高砂親方や相撲協会も許されませんが、これほどのことをやったのですから、ハッキリ言って、朝青龍は引退すべきでしょう。尊敬できない横綱なんて、存在価値がない、これまでの横綱が築き上げてきたものを壊すだけの存在です。
 引き際くらいは、綺麗に終わらせて欲しいです。

|

« 富士山レーダードーム館 | Main | 何故かダーツへ »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47695/16130112

Listed below are links to weblogs that reference 朝青龍、2場所出場停止:

« 富士山レーダードーム館 | Main | 何故かダーツへ »