« 武豊が勝利数で日本一 | Main | 今日は、参議院議員選挙 »

Jul 28, 2007

日本、韓国に手痛い敗北

日本4位10人韓国にPK負け/アジア杯
  〔日刊スポーツ〕

 忙しくてすっかり今日だということを忘れていたため、前半17分から見始めました。
 前回の相手であるサウジアラビアは、技術的にどうのというよりも、その身体能力、スピードについて行けずに敗れた感があったのとは打って変わって、今度は身体能力的にはそれほど変わらず、技術的にレベルの高い相手との戦い。日本としては、こちらの方が与し易いのかなと思ったのですが。
 この日の審判は、「疑わしきは罰する」という印象があり、日本・韓国双方ともかなり笛を吹かれていた中、韓国の姜敏寿選手がイエローカード2枚で退場。数的に優位に立ったにもかかわらず、ガッチガチに固められた韓国ゴールを割れず、無得点での延長、PK戦へ。
 韓国は、10人になり、それを抗議していた監督、コーチが退席処分となった後、カウンター戦法でうまく行けば1点、悪くてもPKに持ち込むって態度がありありと見えました。なので、その中でゴールを割るのはなかなか骨の折れる作業でしょう。でも、それができなければ、これから先、もっと強い相手と戦っていかなければならない日本代表としては、やはり力不足という外ないのでしょうね。

 しかし、PK戦が終わった後の羽生選手。あの崩れ落ち方、何とも可哀想で。あなたのせいじゃないと周りがいっても、今の彼には通じないでしょうね。復活した彼は、きっともっと凄い選手になっているはず。

|

« 武豊が勝利数で日本一 | Main | 今日は、参議院議員選挙 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47695/15935787

Listed below are links to weblogs that reference 日本、韓国に手痛い敗北:

« 武豊が勝利数で日本一 | Main | 今日は、参議院議員選挙 »