« 暁の女神ヤクシー | Main | タクシー待ち »

Jun 22, 2007

被害者に刑事裁判参加

刑事裁判に被害者参加、改正刑訴法が成立
  〔読売新聞〕

 犯罪被害者・遺族が公判において被告人や証人に質問したり、求刑の意見を述べたりすることを可能にする『被害者参加制度』を柱とする、改正刑事訴訟法が参議院で可決、成立しました。年金問題で騒がれている中、ひっそりと成立しましたが、実は、かなり重要な改正です。
 以前より、犯罪被害者やその遺族の方々からはこの制度が望まれていましたが。なんだかどさくさに紛れて大した議論もせず、また、ただの政府の人気稼ぎのための改正に思えてなりません。

 被害者参加制度が良い悪いは別として、この運用はかなり慎重になさねばなりません。遺族が公判において感情的な行動に出ることは、容易に想像できますし、また、それは致し方のないことでしょう。それは、裁判を構成する者が当事者と法曹だけである現状においては、大した問題にはなりません。法曹は、客観的に事件を判断する訓練を受けていますから。しかし、裁判員制度が導入された後はどうでしょうか。一般人である裁判員が遺族に感情移入して、偏った判断をすることは十分に考えられます。適正な裁判を受けられない。これは、実に恐ろしいことです。

 また、新聞等ではあまり取り上げられてはいませんが、重要なものとして、附帯私訴制度も復活しました。これは、刑事事件で公訴が提起された場合に、当該犯罪の被害者が、刑事被告人に対する民事上の損害賠償を求める訴えを、公訴を審理する刑事裁判所に提起する制度です。ただ、以前の制度とはちょっと違うそうですね。現場は大変なことになるでしょうね。

|

« 暁の女神ヤクシー | Main | タクシー待ち »

法律学と受験勉強」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47695/15600957

Listed below are links to weblogs that reference 被害者に刑事裁判参加:

« 暁の女神ヤクシー | Main | タクシー待ち »