« 石炭の歴史村が破産 | Main | 旅行写真【函館港】 »

Dec 01, 2006

ALWAYS 三丁目の夕日

Always 久しぶりに映画を観ました。
 漫画『夕焼けの詩 -三丁目の夕日』を実写映画化した作品。吉岡秀隆が主演で、特に一本筋の通ったストーリーがあるわけではなく、しっかりした基本設定と、時間軸としての東京タワーがあるのみだけの作品。こういう作品は、気を抜くとダラダラとしてしまうおそれが多いだけに、成功するととても面白い作品になります。この作品は、久しぶりに面白いと思った映画でした。
 舞台設定は、東京タワーが建った昭和33年。今からおよそ50年前の設定です。作中で、時代を連想させるため、オート三輪が出てきたり、テレビ、冷蔵庫が初めて登場したりします。

 舞台設定は私の両親がまだ物心付くか付かないかくらいなので、私が知っていることはもちろんないのですが、なんとなく懐かしくなってしまう奇妙さがあります。私はこの約20年後に生まれるわけですから、多少は残っていた部分があったからでしょうか。それとも、それが本来日本人がもっているものだからでしょうか。少なくとも、私は、今の日本は異常だと思う感性があります。

 そういえば、この映画を観て「寅さん観てるみたい」と思いました。



|

« 石炭の歴史村が破産 | Main | 旅行写真【函館港】 »

書籍・映画・TV」カテゴリの記事

Comments

見ましたよ、この映画。
役者もセットも脚本も良かった映画でした。

そうですね、どこか懐かしい感じありました。
・・・当然、僕も生まれていませんが。。

Posted by: Mno | Dec 17, 2006 at 10:07 PM

観ましたか。
最近では希にみるいい映画だよね。
ホント、古き良き日本って感じで。
たぶん、我々が子供の頃にあって、
今の世の中にないものが
この作品にあるんだと思う。

バブル崩壊からこっち、
昔にはあった日本のいいところが、
ことごとくなくなっている気がする。

Posted by: みやっち | Dec 19, 2006 at 11:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47695/15651610

Listed below are links to weblogs that reference ALWAYS 三丁目の夕日:

« 石炭の歴史村が破産 | Main | 旅行写真【函館港】 »