« 合格祝賀会 | Main | とろさんま炙り焼寿司 »

Sep 30, 2006

YS-11が引退

初飛行から44年、国産の翼「YS11」国内便から引退
  〔朝日新聞〕

 遂に、YS-11も引退ですか。
 既に、主要航空会社からは引退していましたが、JALグループの『JAC』が最後に運用していました。それが今日を最終フライトとして、国内から完全に引退することになりました。
 YS-11は、皆さんよく知っていらっしゃると思いますが、戦後、軍の航空機(零戦や飛燕など)の設計スタッフが世界に冠たる日本の航空技術を継承するために、半官半民の日本航空機製造が設計、製造した純国産旅客機です。GHQによる日本の重工業解体の一環として崩壊させられた、航空産業復興の旗印だったわけです。ご存じない方は、YS-11の誕生については、プロジェクトXなどを観ると良いと思います。

 YS-11はねえ、子供の頃に何度か乗ったことがあります。プロペラエンジンが轟音でね、機内放送なんて全く聴こえないんですよ。しかも、乗り心地があんまりよくなくてねえ(苦笑) 乗務員も客も、大変な機体でした。
 もう乗れなくなると思うと、なんだか寂しいですね。
 そして、この国産最初で最後の航空機が引退するということが意味することを、考えなければならないことはいうまでもありません。



|

« 合格祝賀会 | Main | とろさんま炙り焼寿司 »

ニュース・コラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47695/15651550

Listed below are links to weblogs that reference YS-11が引退:

« 合格祝賀会 | Main | とろさんま炙り焼寿司 »