« クロスゲーム4巻 | Main | 飛行機格納 »

Jun 23, 2006

日本、グループL敗退

日本大敗 ブラジル、豪州が決勝Tへ
  〔朝日新聞〕

 朝4時のキックオフにもかかわらず、観てしまいましたよー。
 前半、ブラジルの動きが悪かったところに、三都主の絶妙なパスを玉田がシュートして先制。ここまでは良かったんです。しかし、ここから一気にブラジルが本来の動きを見せ、前半終了前にあっさり同点にされる。なんだかねえ、まるでジーコに1点献上してから試合を開始した感じでしたね。
 後半はもう、本当にボロボロ。お話にならない。前半自らのミスで同点を許した中澤は、もはやいてもいなくても同じといった状況となり、川口はお手上げ状態。他の選手にいたっては、その存在すら認識されないといった感じ。唯一動けていたのは、中田英だけ。2点目が入ってからは、もう完全にDF陣は浮き足立ち、お話にならない状態どころではなかった。改めて、日本のDFの弱さを認識した試合でした。しかし、4点という大量失点を許したのは、やはり、メンタル面の弱さでしょうね。
 ブラジルは、2軍が出てきたとはいえ、やはりブラジル。ヨーロッパのトップチームでスタメンを張っているメンバーです。これに負けたこと自体は決して恥ずかしいことではありません。

 しかし、日本はまだまだ未熟ですね。特に、この日はイタリア-チェコ戦を観てそう思いました。世界最高峰のイタリアの守備、日本はあの半分にも達していないでしょう。そして攻撃、チェコは1人レッドカードで退場し、10人になったのにもかかわらずしっかりとセットプレイができていたのに、日本は全員揃っていたにもかかわらず、全く組み立てられませんでした。
 そうそう、この一戦、チェコのネドヴェドと中田英が妙に被って見えました。両名とも、孤軍奮闘。ただ、決定的に違ったのは、チェコはネドヴェド以外にもプロ意識があり、国の代表であるという責任感があるのに対し、日本でプロ意識がある選手は中田英を除けば大舞台男の川口くらいなもので、国内組に至っては、本当にやる気があるのかといった感じ。

 中田英、試合終了後にずっと大の字になっていましたね。彼はあのとき何を思っていたのか。日本チームでほぼ唯一プロの動きをした中田英。彼はやっぱり日本チームの王様でした。



|

« クロスゲーム4巻 | Main | 飛行機格納 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47695/15651445

Listed below are links to weblogs that reference 日本、グループL敗退:

« クロスゲーム4巻 | Main | 飛行機格納 »