« 函館名所巡り | Main | きさらぎ賞優勝記念品 »

Mar 26, 2006

帰宅・・・か?

函館山 四稜郭から帰って、レンタカーを返したところで、私はあることに気が付きました。「行きに6時間かけて来たものを、果たして4時間で帰れるものか」と。私が記憶していた特急列車の発車時刻は18時。到着予定時刻は22時半。どう考えてもおかしい。急いでチケットを確認。

 ・・・・・・!!

 ああ、やっちまった。確かに発車時刻は18時でした。八戸発の。そう。私は函館発の特急白鳥の発車時刻と、八戸発の東北新幹線つばさの発車時刻を間違えて覚えていたらしいのです。
 つまり、我々は、帰りの足を失ったのです・・・。

 しかし、まあそこはmairuさんに『思い立ったら旅人』の称号を戴いた私、ショックは受けていても慌てません。
 まずこの時点で我々に要求された条件は1つ。今日中に東京へ帰るということ。W.D氏が明日引っ越しなので、なんとしても今日中に帰宅しなければなりません。そこから導き出した方法は2つ。1つは寝台特急で東京へ帰るということ。こちらは今日中には帰れませんが、明日の早朝には東京駅に着きます。もう1つは空路で羽田へ帰るということ。
 どちらにしても春休みの現在、観光地発着のチケットは完売します。事は一刻を争う危険性があります。そこで私は『JTB』へ行くことにしました。

函館空港 もうね、受付のお姉ちゃん(たぶん年下)に「乗り遅れた」っていったら、思いっきり笑われましたよ。ショックですよ。しかし、帰らなければならない事情を話したら親身になってくれて、ありとあらゆる可能性を調べてくれました。その結果、函館空港発のJAL最終便のみまだ数席残っていることがわかりました。二人合わせて定価6万円という高額チケットではありましたが、泣く泣く取ってもらいました。

横浜ベイブリッジ付近 単純ミスで大きな損失を出してしまい、ショックで立ち直れない私は、W.D氏に慰められつつ、空港で夕食。最後に、予備のおみやげ類を買い、空を飛びました。
 羽田からはもはや電車を乗り継ぐ元気はなく、W.D氏も私もバスで帰ることに。
 空港で彼と別れ、私は藤沢行きのリムジンバスに乗り込みました。今期最後の旅行は、なかなか刺激的な旅になってしまいました・・・(イメージとしては、ここらへんで『1/6の夢旅人2002』が流れ始める・苦笑)。
 W.D氏、迷惑かけてごめんな・・・。



|

« 函館名所巡り | Main | きさらぎ賞優勝記念品 »

旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47695/15651358

Listed below are links to weblogs that reference 帰宅・・・か?:

« 函館名所巡り | Main | きさらぎ賞優勝記念品 »