« いざ、函館へ | Main | 函館を堪能 »

Mar 25, 2006

北の大地

青函トンネル内 八戸で『特急白鳥』へ乗り換え。青森経由で青函トンネルを通って函館へ向かいます。
 私は、空の便で北海道へは年に数回行きますが、実は青函トンネルを通るのは初めて。どんなんだろうと、ちょっとドキドキ。大泉洋流にいえば、「それ、魅力」。しかし、

 ・・・・・・。あれ?これが青函トンネル?

 現実は、そんなモンでした。普通にトンネルに入って、「やけに長いトンネルだな」と思っていたら、それが青函トンネルだったと。ただ長いだけのトンネル。考えてみれば、当たり前。しかも、この時期は海中の駅が閉鎖中らしく、本当にただ長いだけのトンネルと化していました。これが、あの難工事の末に開通した青函トンネルかあ。

北の大地 青函トンネルを脱けると、そこは・・・山でした。景色かわんねえ(笑)
 このとき時刻表を見て初めて知ったのですが、青函トンネルは脱けてから函館まで1時間以上あるんですね。もう、長い長い。長すぎ・・・。

 そして、函館到着。東京はもう桜の季節ですが、函館は流石にまだ肌寒かったです。日中で3度くらいでした。
いくら丼 唐突に函館に来てしまった我々は、実は全く計画なし。旅行雑誌はもちろん、どこを見ようかも考えていませんでした。そこで、とりあえず考えるには、燃料が必要。ということで、列車の中で昼食をとらなかった我々は、まず初めに腹ごしらえをすることで合意。函館駅の横にある、『朝市』の食堂で名物である『いくら丼』を食べました。やっぱり、北海道まで来たら、海産物を食べないとね(^^)v しかし・・・高いね(--+ まあ、美味しいから良いけどさ。



|

« いざ、函館へ | Main | 函館を堪能 »

旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47695/15651355

Listed below are links to weblogs that reference 北の大地:

« いざ、函館へ | Main | 函館を堪能 »