« フィギュアの採点ミス | Main | 地元の忘年会 »

Dec 29, 2005

海がきこえる

海がきこえる
氷室冴子 著
徳間書店 1999.6

 海がきこえるを初めて読んだのは、中学生のときだったと思います。確か、羽田-札幌間の飛行機の中だったと。あのときは、中学生だったこともあり「面白い小説」という印象でした。まあ、高校生にも大学生にもなっていないので、当たり前のことではありますが。大掃除をしていて、本棚から出てきたのは一昨日。思わず一気に読んでしまいました。

 東京で暮らす大学生、杜崎拓が高校のときの思い出を回想するというスタイルで話は進みます。内容を一言でいうなら、拓が通う高知の高校に、東京からの転校生・武藤里伽子がやって来て、そこから波瀾万丈な話が展開する、という一種の恋愛小説です。しかし、この作品を語るのにそれだけではすまないでしょう。兎に角面白い。懐かしさを感じる作品なのです。読んだことがない方は、是非読まれることをオススメします。ちなみに、この小説はスタジオジブリ作品としてアニメ化されています。

 私がこの作品を読むにあたって、以前と違う点はもう一つあるでしょう。ヒロイン・里伽子が東京時代に暮らしていた成城のマンション(作中:ともかく豪華なマンションだった。しぶい赤色のレンガタイルも洒落ていて、それぞれの出窓にかかっているレースのカーテンは、ぜんぶ違っていた)は、私の通っていた大学のすぐそばにあります。つまり、東京編の舞台となる場所は、私が学部生時代の活動圏内なのです。
 他に、成城の描写として2つあります。一つは北口に降りて駅舎を出てすぐのところに、いくつかの銀行があり、きれいな雑居ビルもあったというもの。北口から里伽子の家までの間には、左手に東京三菱銀行、右手にUFJ銀行があり、私はどちらにも口座を持っていました。雑居ビルはどれを指しているのかわかりませんが、ブティックが入っているものや、私がよく行く焼肉屋の入っているものがあります。もう一つは「ほんとは、南口の方が桜並木もあって、すごくいいのよ。こっちのほうは、成城の下町みたいなものね」という里伽子の台詞。成城は、成城学園を中心に整備された町なので(成城という地名は学園の名前から付いた)中心は北口ですが、確かに南口の方が閑静な住宅街という気もします。でも、有名なのはやはり北口の桜並木の方ですね。ここら辺、ちょっと描写に疑問もあります。時々出てくるスーパー石井は、友人が3年間バイトしていた成城石井のことでしょう。私は今でもよくここでワインを買います。拓が泊まったホテルは都庁のそばの高級ホテルらしいということで、京王プラザかパークハイアットかと考えてみたり。
 まあこういった別の意味で、ちょっと楽しめる作品なのです。



|

« フィギュアの採点ミス | Main | 地元の忘年会 »

書籍・映画・TV」カテゴリの記事

Comments

へぇ~成城の街の描写があるなんて私もちょっと読んで
みたくなりました。
やはり高級住宅街は北口の方でしょう。
講義のあいた時はよく友達と有名人の豪邸巡りとか
しましたよ。
俳優の宇津井健のお家は相変わらず正門のすぐ傍にあるので
しょうか?(よく見かけましたよ)
何だか懐かしいなぁ。。。

みやっちさんって北海道にご縁のある方みたいですね。
私は札幌出身、ハズバンドは旭川出身です。

Posted by: 理季 | Dec 31, 2005 at 12:17 AM

懐かしい小説ですねぇ!
僕は高校生のときに図書館で読みました。
もう細かい内容は忘れてしまいましたが、こういう小説っていつのまにか読まなくなりましたね。
“青春”という言葉がぴったりな作品だった気がします。
ジブリ作品が好きな僕は「耳をすませば」の舞台である聖蹟桜ヶ丘で1人暮らしをしたいと思い、部屋を探していた時期もありますw
結局、夢叶わずでしたがリアルな世界とリンクさせながら小説を読むのは楽しいものですよね^^

Posted by: tetsuya | Dec 31, 2005 at 04:00 PM

>理季さん

このマンション、宇津井邸の近くにあるものですよ。
でも、私は見かけたことはないですが。
夕食をとっていたら松田聖子に遭遇したり、
ダウンタウンの浜ちゃんがいたりってことは
よくありましたけどねえ。

うちは、父が旭川(の近く)の出身なんです。
それでよく北海道には行ってました。
まあ、このときは父が札幌に単身赴任していて、
遊びに行ったんですが。

最近は、一年に1,2回、友達と遊びに行ってます。


>tetsuyaさん

懐かしいですよね。
最近は・・・まあ、読まないことはないですが、
読む量は明らかに減ってますねえ。
SF小説と同じくらいの量ですかね(笑)

そういえば、学部のときの知り合いの娘が、
地球屋(だっけ?)のモデルになっているあたりに
住んでるとかっていってたなあ。

ちなみに、私が通っていた高校は、
あるアニメ映画に登場したことがあります。

Posted by: みやっち | Dec 31, 2005 at 06:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47695/15651241

Listed below are links to weblogs that reference 海がきこえる:

« フィギュアの採点ミス | Main | 地元の忘年会 »