« 誕生日祝い | Main | 新・ラーメン食べ歩き118『ようしゅう』 »

Oct 24, 2005

ホワイトバンド

趣旨説明不足で購入者から批判
  (毎日新聞)

 ホワイトバンドとは、「貧困をなくす政策をみんなで選択する」意思表示の証としてNGOが販売しているもので、世界的に行われているホワイトバンド運動の中核。元々は、「白いもの」を着けて貧困撲滅を各国政府などに訴えかけたのが始まり。

 ホワイトバンド自体は300円で、全国の書店やレコード店などで売られ、その代金は「世界の貧困をなくすための活動費」他に使われると説明されていた。今回のことは、この代金が寄付になる等の勘違いをした者による。
 記事には「食料などを送るわけではなく、細かな使途も決まっていない」とされている。しかし販売元の団体のホームページ等では、元々代金のほとんどはホワイトバンド自体の原価や流通費で消え、その残りがNGO等の活動資金となり、直接物資支援などに使うものではないということは説明されていた。確かに、これだけ誤解している人がいる時点で、それだけでは不十分だったといえる。しかし、消費者は容易にその情報を知り得たのだし、そもそも、それがなんなのか、その趣旨すら知らないで「なんだか良さそう」くらいで買ってしまった人たち自身にも、落ち度はないだろうか。

 今回のこのホワイトバンドに限らず、それがなにかわからないで手を出す人は少なくない。今回は300円ですんだが、これが高額商品であったらどうだろうか。法がそういった人たちを守ることはある。しかしそうでないこともある。もう少し自分の行動に責任をもつべきである。



|

« 誕生日祝い | Main | 新・ラーメン食べ歩き118『ようしゅう』 »

ニュース・コラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47695/15651142

Listed below are links to weblogs that reference ホワイトバンド:

« 誕生日祝い | Main | 新・ラーメン食べ歩き118『ようしゅう』 »