« R25って凄い人気 | Main | 法科大学院生向け情報 »

Jun 03, 2005

研修医は労働者

「研修医は労働者」最高裁も認定
  (朝日新聞)

 判決文原文はこちら

 労働法は専門外(それ以前の問題?)なので、ちょっとポイントがずれているかも知れませんが、要点をまとめると以下の感じ。
I .研修医とは
 研修医とは、(1)「医師国家試験に合格し,医籍に登録されて,厚生大臣(筆者注・現厚生労働大臣)の免許を受けた医師」(旧医師法2条,5条-現同条)であり、「医療行為を業として行う資格を有しているもの」(同法17条)の中で、(2)免許を受けた後に「2年以上大学の医学部若しくは大学附置の研究所の附属施設である病院又は厚生大臣(注・現厚生労働大臣)の指定する病院において,臨床研修を行」っているもののことをいう。
II.臨床研修は教育か労働か
 臨床研修は、「医師の資質の向上を図ることを目的とするものであり,教育的な側面を有している」。しかし、研修医が指導医のもと、これに伴う医療行為等に従事する場合、「病院の開設者のための労務の遂行という側面を不可避的に有することとなる」。よって、「病院の開設者の指揮監督の下にこれを行ったと評価することができる限り」においては、研修医は労働基準法9条所定の労働者といえる。



|

« R25って凄い人気 | Main | 法科大学院生向け情報 »

法律学と受験勉強」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47695/15650856

Listed below are links to weblogs that reference 研修医は労働者:

» 研修医は労働者なり [医学教育のひろば]
Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 研修医は労働者、最高裁が初認定…賃金請求訴訟  遺族側は2000年に提訴。同医大側は「(森さんは)学ぶため自発的意思で研修しており、労働者とは言えない」と反論したが、1、2審は労働者と認めた。一方、遺族が「過労死」を主張して同医大に損害賠償を求めた別の訴訟では、1、2審とも過労死と認め、医大側が上告しなかったため、約8400万円の賠償命令が昨年確定。私学教職員共済に加入させる義務を怠ったとして、同医大に遺族年金分約870万円の支払いを命じた判決も、5月に最高... [Read More]

Tracked on Jun 06, 2005 at 01:56 AM

« R25って凄い人気 | Main | 法科大学院生向け情報 »