« 初の国際便 | Main | グランドキャニオン 前編 »

Mar 01, 2005

ラスベガス第一夜

部屋 サンノゼから1時間半、ラスベガスはマッカラン空港へ到着。
 他の日本人ツアー観光客には到着ロビーまで旅行会社の現地スタッフが迎えが来ているのに、H.I.Sの旗は見えない。ここら辺で既にH.I.Sの真の実力を薄々感じ始めていた我々は、事前に渡されていた案内を再度確認。かなり小さい文字で「手荷物受取所に集合」と書いてあります。最初は結構近くなのかなと思っていたんですが、『baggage』の文字を追って進んでいったところ、途中モノレールを乗るなど軽く1,2kmの距離がありました。ここで迷ったらどうするんだよ・・・。
 まあなんとか現地スタッフと合流し、簡単な説明を受けた後、バスでホテルまで送ってもらいました。さあここでもう一つの問題が。ホテルのバスターミナルで降ろされてしまったのです。ラスベガスのホテルは日本のホテルと違い、たいていの場合ちょっと奥まったところにあります。まずここにたどり着くのに苦労しました。そしてチェックイン。この手続も自分たちで行いました。ちなみに他の旅行社は、現地係員がカウンターまで誘導し、チェックインの手続もやってくれていました。ここら辺が価格の差なのでしょうか。

インペリアルパレス さて、泊まったホテルはベラッジオ・・・ではなく、インペリアルパレスという日本をイメージしたホテル(ラスベガスのホテルは大抵の場合、どこかの国をモチーフにしている)。GINZAやKABUKIなどの文字がそこら辺中に躍ります。そのくせ日本語スタッフは皆無。部屋はだいたい日本の標準的なビジネスホテルレベル。但し、セキュリティーボックスも冷蔵庫もポットもない分日本の方がマシ。そんなレベル。まあ、ホテル内にカジノや映画館やレストランその他の施設を内包しているその規模は、日本のホテルでは全く太刀打ちできません。それでも、ラスベガスでは最低クラス。しかしながら、立地はこれ以上ないというほど良かったです。ストリップ(ラスベガスの中央通り)のど真ん中に立っています。

スパーゴ・ラスベガス 今回の旅はフリープランだったので、このままホテルにいても、もう今日の晩ご飯にも困る状況。折角アメリカに来たのだからとカリフォルニア料理のお店を探し、要予約のちょっとしたレストランをチョイス。早速JCBプラザを利用し、予約をしてもらいました。で、このときプラザのスタッフから受けた注意が「あまりカジュアルすぎない格好で」。ということでした。ジーパンやTシャツではダメとのこと。オイオイ、ジーパンしか持って来てないよ・・・。。まあ、ジャケットやシャツは持ってきているからと、とりあえずチャレンジ。
 行ったのは、フォーラム・ショップス内のスパーゴ・ラスベガスというお店。ウルフ・ギャング・パックという有名な人のお店らしいんですが、もちろん私は全く知りません。でもまあ、どのガイドブックにも載っているので、少なくとも有名なお店なのでしょう。
 さて、入店に際しては大した問題もなく、心配していたことがバカだと思えるくらいあっさりとは入れたのですが、本当の問題はこの後に待っていました。メニューが読めません(T_T) もちろんわかってはいましたが、全て英語。しかも、創作料理らしく、見たこともない単語が羅列されていました。・・・、これじゃあ、どーせ読めてもわからないな。
SWORDFISH そんなこんなで迷っていたら、ウェイターが「これなどはどうでしょうか?魚と海老のグリルと海老のリゾットで、なかなか美味しいですよ(と、たぶん言っていた)」と勧めてきたので、それをたのみました。
 魚は白身魚で、ブリよりもちょっとあっさり味の魚で弾力のある歯ごたえ。海老は香ばしく少し甘みがありプリプリとした食感。リゾットには小エビが入っており、ちょっと御飯が固かったですが、クリームと海老の相性が良く、三つともとても美味しかったです。まあ、流石$60(前菜、ビールを含む)もするだけはあります。ちなみに、この写真ではちょっとわかりにくいですが、凄い大きさあります。日本の2倍くらい。流石アメリカサイズ。
 さて、食べた後にも問題は生じました。Tipをどうするかです。ガイドブックには、Tipの欄が空欄になっているとかかれているんですが、どう見てもそんな欄はありませんでした。ということで空欄にTipを書き、会計。チップなんか払ったの初めてで。こんなところでも困ってしまったわけです。
 まあ、この後に私がレシートをもらい忘れるという事件がありましたが、文章が長くなってしまったのでそれについては割愛させて頂きます。とりあえず、C氏、ありがとう。



|

« 初の国際便 | Main | グランドキャニオン 前編 »

旅行」カテゴリの記事

Comments

みやっちさんへ
ラスベガスいいですね。
 自分は7年前に新婚旅行で行ったんですね。なつかしいです。滞在ホテルはどちらですか?
ラスベガスと言えばカジノですね。当時、現地のガイドさんが言ってましたが、ホテル建設費用である
300億円の借金を、たった2年で返済してしまうそうです。あまり深みに嵌らない事をいのりつつ、気をつけて来てくださいませ。

Posted by: MIMOMAMO | Mar 03, 2005 at 10:40 PM

すごく楽しんでいるようで…。カジノというと怖いイメージしかありません!気をつけて。
アメリカの食べ物はBIGサイズが当たり前というのは本当なのでしょうか?某マクドナルドで検証してください。やっぱマックは普通サイズかな?

Posted by: d-1 | Mar 04, 2005 at 04:28 PM

お帰りなさい
いやー、アメリカ人の作る日本ってのは
結構ギミックな日本になってそうですね~(笑

でも、私もアメリカは行ったことが
ないので
一回行ってみたいです。
コウシでした

Posted by: コウシ | Mar 08, 2005 at 11:44 AM

>MIMOMAMOさん

新婚旅行ですか、では良いホテルに泊まったんでしょうね。
我々はインペリアル・パレスです。ちょっと小さめのホテル。
しかし、カジノって儲かるんですね。
私は総額で$30くらいスッてきました(^^;


>d-1どん

カジノ、数メートルおきに警備員が立っていて、むしろ凄い安全。
やっぱりこういう街なだけあって、治安維持にはうるさいらしい。
アメリカなのに、深夜に歩き回っても問題ないしね。

マックについては、上の記事で。
ちょっと拍子抜けだったよ。


>コウシさん

いやー、私も間違った日本が見られると思ったんですが、
日本庭園のような古来からの日本はほぼ無く、
たいして日本チックではなかったですね。
まあ、逆に現在の日本には近かったですが。

ラスベガス、日本語は通じませんが、治安は良いので
初アメリカには良いかもしれませんよ。

Posted by: みやっち | Mar 11, 2005 at 03:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47695/15650684

Listed below are links to weblogs that reference ラスベガス第一夜:

« 初の国際便 | Main | グランドキャニオン 前編 »