« ラスベガス第一夜 | Main | グランドキャニオン 後編 »

Mar 02, 2005

グランドキャニオン 前編

1275 2日目は、朝から日本で予約しておいたオプショナルツアー、バスで行くグランドキャニオンツアー。
 集合は朝も朝、なんと6時10分!早ええよ。しかも、寝坊したら無視して行ってしまうとのこと。もはや脅迫です(^^;
 まあ、その脅迫が効いてか効かずか、遅刻を最も得意とする私と寝坊をこよなく愛するC氏との最強タッグであるにもかかわらず、なんと間に合ってしまいました。
 さて、集合場所へ行ってみると、体格のいいアメリカ人のおっさんが一人立っています。何者かと思ったら、我々を迎えに来たとのこと。オイオイ、日本人が来るんじゃないのか?(日本語のガイド付きという話だったので)「もしかして、ガイドも英語のみか?」そんな不安がよぎりました。
 まあ、そんなことは無く、ツアー本体の集合場所まで行くと、今回我々が参加するツアーの約半分は日本人で、もちろんガイドも日本語と英語の2ヶ国語対応。

 出発。アメリカは日本と違ってちょっと郊外に出たらぜんぜん渋滞しないのね。スイスイ行ってしまいました。で、しばらくしてガイドさんの自己紹介と概要説明が。そういえば、我々このツアーの詳細をほとんど知らされていませんでした。そして、ガイドさんの次の言葉は我々乗客を絶望の海へと誘ったのです。
 「えー、まあ大体夜の10時くらいに帰って来れればいいほうかなと・・・」っておい。往復14時間ですか?!まあ、10時間くらいはかかると思ってたけどね・・・。
 しかし、よく考えたら、ラスベガスからグランドキャニオンってそんなに近くないんじゃ・・・。だって、休憩等を抜かして片道約6時間だとすると、そのほとんどの肯定がフリーウェイなので、まあ大体600kmと推測。とすれば、東名高速の東京ICから播但連絡道路の姫路JCTくらいまでの距離になります。要するに、東京から神戸を越えて、岡山一歩手前くらいまでの距離があることになります。スゲー遠いじゃんか・・・。
 まあ、もう出発してしまったし、今回のアメリカ旅行の主目的はここだし。

フーバーダム グランドキャニオンにたどり着くまでに、色々なところを通りました。
 まず最初に通ったのは、フーバーダム。大学受験で地理を選択した場合は必ず知っているはず(まあ、あまりにも基本事項なため、実際の入試問題に出ることは少ないですが)。例の世界恐慌の際のニューディール政策の一環で作られたダムで、アメリカ最大規模を誇ります。近くで見たわけではないですが、確かに馬鹿デカかったです。
モハベ砂漠 次に通ったのはこちらも結構な大物、モハベ砂漠。その名のとおり、砂漠です。ただ、一般的なイメージの砂漠ではなく、うっすらと草などが生えており、サバンナやステップといった感じ。こういった景色が延々と何時間も続きます。
 まあ、この砂漠の見所というと、やはり動物でしょうか。ビックホーンシープをはじめ、珍しい動物が沢山います。ただ、かなり注意深く見ていないとなかなか見つからないそうですが。もちろん、私は見つけられませんでした。

 そして、昼食を取った後、ようやくグランドキャニオンにたどり着きました。



|

« ラスベガス第一夜 | Main | グランドキャニオン 後編 »

旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47695/15650685

Listed below are links to weblogs that reference グランドキャニオン 前編:

« ラスベガス第一夜 | Main | グランドキャニオン 後編 »