« お散歩 | Main | 横国大LS 第一次選抜 »

Nov 21, 2004

先週の気になる判例

11/18
婚姻外の男女の関係を一方的に解消したことにつき不法行為責任が否定された事例

 婚姻外の男女の関係解消に関する最高裁の判断。
 男Xと女YはXY双方の希望により「パートナーシップ関係」にあり、双方の仕事を協力したり、一緒に旅行に行くなどはするが、(1)法定婚によらない、(2)別居しお互いの合い鍵も持ち合わず生活に干渉しない、(3)生計も別とし、(4)共有財産も持たないという関係を16年間続けおり、2人の間には2人の子供があった。この2人の子供はXの強い要望によりYが出産したもので、この際にYは出産に関する諸費用をXに請求し受領、出産費用等としてXの親よりそれぞれ650万円を受け取っており、Yはこの子供の養育に一切関わらない旨の取り決めを書面で取り交わしている。なお、この出産時期にXYは婚姻関係にあったが、これは子供を嫡出子とし、法律的に不利益を被らないためであり、XY間に婚姻の意思はない。
 しかし、Xは訴外の女Aと結婚する意思を固め、婚約するに至った。そのためにYとのパートナーシップ関係を、なんら話し合うことなく一方的に解除する旨の通告を行った。
 これに対しYは当該行為は不法行為にあたるとしてXに対して損害賠償を請求した。

 最高裁は、パートナーシップ関係を一方的に解消されたことは同情の余地があるけど、この関係は上記記載の性質や関係存続の合意がないことなどから「婚姻及びこれに準ずるものと同様の存続の保障を認める余地がな」く、また「何らかの法的な義務を負うものと解することはできず、被上告人が上記関係の存続に関する法的な権利ないし利益を有するものとはいえない」ので、諦めなさいと判示した。

 なるほどね。自ら婚姻関係を臨まなかったんだから、保護されなくても仕方がないか。
 しかし、世の中にこういう関係にある人ってどのくらいいるのかな。



|

« お散歩 | Main | 横国大LS 第一次選抜 »

法律学と受験勉強」カテゴリの記事

Comments

私の友人は裁判所の書記官なんだけど、面白いですよね。>裏話
ボジョレーの飲み放題に行った日、彼女は「礼状当番」だったんだって。
信じられないようなオデブの裁判官とか・・・彼女、待ち受け画面にしてましたけど・・・ストレスたまるのかな?

Posted by: Fue | Nov 22, 2004 at 09:38 AM

裁判所の職員、
大学の先輩に何人かいますが
あまり会う機会がなくて。
裏話とかってあんまり聞けないです。

裁判所は結構閉ざされた環境ときくので、
ストレス貯まるのかもしれないですね。

Posted by: みやっち | Nov 22, 2004 at 04:48 PM

不思議な関係ですね。子供を産んだ
代償に金銭を受け取るだなんて。
愛の結晶でもなんでもない打算の結果なのでしょうか。
どちらもどうかしているかな?
子供が可哀想ですよ、本人達はともかく。プンスカ!
あまり野放図な世の中もどうかと思いますね。
まっとうな判決ですよね?

Posted by: ママ参上 | Nov 22, 2004 at 05:44 PM

こんばんは。
TBありがとうございます。

なるほど、そういう事実関係なんですね。
すっきり理解できました。

しかし、ほんと、「パートナーシップ関係」の人って、
どれくらいいるのでしょう?
私はそういう名前を初めて聞きました。。

Posted by: Masa@Open Sesame! | Nov 23, 2004 at 02:49 AM

>ママさん

この女性は全く子供を産むつもりは
なかったみたいですね。
「どうしても欲しいっていうから生んだんだから
あとのことはすべてやってちょうだい」
という感じですかね。
確かに、このケースの事実の概要を読む限り、
子供のことはあまり考えていない気がします。
ちなみに長男は施設育ちです。

まあ、結婚をどういう形で実現するかは本人の自由ですが、
自分たち以外のことも考えるべきだったと思いますね。


>Masaさん

つたない文章で申し訳ないですが、
お役に立ててよかったです。

こういう関係の人たちって
少なくとも私の近くにはいないです。
まあ、「新しいスタイル」という感じで
マスコミに取り上げられていたくらいなので
少ないんでしょうが。

Posted by: みやっち | Nov 23, 2004 at 03:17 AM

 サラリーマンオヤジのブログにTBしてくれてありがとうございます。学生さんからだったので、ちょっと嬉しかった...。
 いやしかし、オヤジとはいっても結婚はこれからの身。色々と考えさせられますのぅ。ふぅ~...でもやっぱ口約束の一方的解消で不法行為を問うのはむちゃだよな...。あ、失礼、これはこっちの話です...。

Posted by: つよし@法ガブロ | Nov 24, 2004 at 01:00 AM

喜んで頂けて嬉しいです(笑)
そうですねえ、私もまだ結婚してませんし。
相手が「パートナーシップ関係」が良いって言ったら
ちょっと考えちゃうかもしれません・・・。

Posted by: みやっち | Nov 24, 2004 at 01:53 AM

トラックバック、ありがとうございました。
今回の件では、法的保護が与えられる婚姻関係とは?を改めて考えさせられました。

Posted by: 夫婦別姓を待つ身 | Nov 24, 2004 at 11:22 AM

こちらこそTBありがとうございます
こういう例は今後増えていくでしょうから、
次第にボーダーが確定していくでしょうね。

Posted by: みやっち | Nov 25, 2004 at 01:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47695/15650414

Listed below are links to weblogs that reference 先週の気になる判例:

» 結婚しないパートナー関係 破棄で慰謝料認めず [猫の法学教室]
子供はもうけたが、互いに束縛しないよう法律上の結婚はせず、住まいも生計も別にして... [Read More]

Tracked on Nov 23, 2004 at 01:57 AM

» パートナー解消訴訟に見る内縁の要件 [夫婦別姓を待つ身の溜息]
事実婚夫婦なのに慰謝料請求が認められなかった?。いや、事実婚であることが認められ [Read More]

Tracked on Nov 23, 2004 at 03:17 PM

» jugement男女関係一方的破棄続報 [Matimulog]
11/20の本欄で紹介した判決の原告・深見友紀子助教授(金沢大学)が、オフィシャ [Read More]

Tracked on Nov 28, 2004 at 01:04 PM

» パートナー解消訴訟 3 [歌うたいのカケラ]
最高裁・パートナー婚解消訴訟 オフィシャルサイト ↑大元の訴訟を提起されたご本人、深見友紀子さんのサイトです。ご本人のお言葉によるコメント第一弾がアップされまし... [Read More]

Tracked on Nov 30, 2004 at 04:58 AM

» パートナー婚解消訴訟原告のpage充実 [Matimulog]
昨年秋に紹介したパートナー婚解消訴訟の原告が充実している。 このブログの下記記事 [Read More]

Tracked on May 17, 2005 at 09:33 AM

« お散歩 | Main | 横国大LS 第一次選抜 »