« 結局起こしてもらう | Main | jigブラウザ »

Oct 16, 2004

『大学図鑑』という本

 『大学図鑑』という本があります。
 ダイヤモンド社から出ている本で、大学受験生が志望大学を決めるための大学案内集の一つ。
 他の大学案内と違うところは、ただ偏差値やカリキュラム、卒業後の進路といったものをまとめたものではなく、在学生にアンケートを採って、それを掲載したものであるということ。内輪ネタのレベルまで掲載しています。そういった意味では他の大学案内よりも役に立ちます。
 但し、それは中の情報が正しい場合の話。
 私の大学の部分で、ちょっと検証してみましょう。

 まず第一に、この本の情報の新鮮度。私の大学は、この本の初版から掲載されていますが、初版から最近の版までハッキリ言ってほぼ同じ内容です。
 学風はそうそう変わるものではないですが、細かい内容は全く変わってきます。例えば「ラウンジの飯は不味い」という記載があるのですが、既に3年前からスタッフが全員変わってまともなものを出すようになっています。
 情報の更新をしなければ、内容は誤りのものとなってしまいます。

 第二に、おそらくサンプル数が少ない上に、裏をとっていないということ。
 「カリキュラムは法学部が最も楽」との記載があります。確かに、法学部は出席をとる授業は少ないので、そういった面では楽です。しかし、全学部中でもかなり単位認定が厳しいです。成績不良の追試も存在しません。
 また、「ゼミも卒論もない」との記載もありますが、ゼミは8単位必修で、過半数の人間が12単位履修、修得します。卒論に関しては、確かに必修ではないですが、所属するゼミで必修にしている場合が少なくなく、あまり正確な記載ではないですね。
 加えて、「就職について」「設備について」等の記載もかなり虚偽があります。
 これらは、アンケートで採った情報でしょうが、サンプル数が少ないのか、かなり偏った内容になっています。
 大学が公開している情報で容易に誤りだと気がつくはずのものも少なくありません・・・。一向に訂正されいないことをみると、たぶん確信犯的(用法間違ってるね(汗)に虚偽を掲載しているものと疑ってしまいます。

 以上のことから、あまり受験生にはお勧めしません。というか、信じないで頂きたい。

 とまあ、ここまでこの本を否定してきたわけですが、このままだと著者から文句が来るかも知れませんのでフォローを(ここにそんなに影響力ないか)
 この本は大学生、こと掲載大学の学生にはお勧めです。とても。
 理由は読んでみればわかると思います。是非、一度書店で手に取ってみてください。
 面白い本です。大笑いできます。



|

« 結局起こしてもらう | Main | jigブラウザ »

ニュース・コラム」カテゴリの記事

Comments

うちの近くの大学で、もう二度と入学したくない大学みたいな感じの項目で一位になった大学があります。

その大学は駅からほんと遠く、大変そうなのですが
体育館、中庭がないうちの大学に比べればいいんじゃないか
と思います。

ほんと偏ってますね!!

Posted by: チュート | Oct 16, 2004 at 02:04 PM

それはまた・・・、凄いランキングに入ってしまいましたね。

この本の趣旨は良いと思うんですけどね。
編者が多分に悪意を持って作ったものとしか言えない
内容なのが残念ですね。

Posted by: みやっち | Oct 16, 2004 at 04:50 PM

私が法政入ったときは
法大画報とかいうほんがあって
入ってみてから
結構当たってたなー
とか思った思い出があります
我が多摩キャンパスは
東京のシベリアとかかれてましたが
その通りでした笑
コウシでした

Posted by: コウシ | Oct 16, 2004 at 05:08 PM

はじめまして。
杏仁娘のTBどうもです。
この本読むと世間でどう誤解されてるか、っていう誤解の構造が見えてきておもしろいですね。
読者のイメージを裏切らないように書かれた本ではあります。
ウチの大学にしても内実とはかけ離れてますが。(笑)

Posted by: 真鶴さら | Oct 16, 2004 at 07:55 PM

>コウシさん

多摩キャンパス、友達が数名います。
なんか、「僻地」だと言ってました・・・。
私はセンター型でしか受けなかったので、
行ったことないんですよね。

何という本か忘れましたが、
色々なランキングを載せている本があります。
そこでうちの大学は、
「親の年収ランキング」
「女子学生のファッション誌登場ランキング」
でベスト3に入っています。
まあどう調べたか知りませんが、確かに金持ち多いです。
ってか、一番多い層が年収数千万円みたいな家庭の令息令嬢・・・。
生活レベルをあわせるのに苦労しました。
女の子もお洒落です。ファッションといえばうちか青学かというほど。
多大の友達が遊びに来ると、大抵「別世界だ」と言って帰って行きます。

肝心の「研究レベルランキング」では、
確か10位台に入るかは入らないかくらいだったかと・・・。

この3つのランキングはうちの大学の特徴を見事に捉えてますw


>真鶴さらさん

確かに。うちの大学のイメージってこんな感じかな。

内情とイメージはまるで別ですね。
入ってみないとわかりませんが。
合ってたのは「ブルジョア」という点のみです。
一番厄介なのが当たってしまいました・・・。

Posted by: みやっち | Oct 17, 2004 at 03:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47695/15650334

Listed below are links to weblogs that reference 『大学図鑑』という本:

« 結局起こしてもらう | Main | jigブラウザ »