« ドラゴンクエストVIII | Main | 新・ラーメン食べ歩きツアー6『柿岡屋 吉祥寺店』 »

Sep 25, 2004

成蹊面接笑顔で敗退

なぜか伊勢原 本日は、『成蹊大学大学院法務研究科法務専攻』の面接試験日です。

 小論文は大失敗(詳細はこちら)、だったので、合格は難しいかなあと思ったのですが、一応面接を受けるだけ受けました。やはり、場慣れも必要ですしね。

 指定されたのは、9:40の回。30分前集合なので、バスの時間も考えて、吉祥寺の駅には最低でも8:50までに着いていなければなりません。
 もちろん、朝に自信のない私はまた実家。実家から吉祥寺までは約1時間半の行程。
 ・・・。6時起きですか?
 もち寝坊(^^;
 予定していた電車に乗り遅れ、携帯で再度検索。
 8:57着。マズイ、確実に遅刻ですよ。

 兎に角、電車に乗る。
 伊勢原→(小田急小田原線)→下北沢→(京王井の頭線)→吉祥寺
 今までは、電車で同じく受験生らしき人を見かけたのですが、今回は全くいません。やはり遅刻が効いたのか!?
 吉祥寺駅に予定通り到着。バスに飛び乗り・・・。あのー、バス5分待っても発車しないんですけど。(^^;;;

 結局試験会場に着いたのは、9:10ジャスト!!!OK!!
 試験会場に着いて、来る途中で受験生に会わなかった訳がよくわかりました。受験生、半分ぐらい欠席・・・。
 なるほど、会わない訳だ。今日来ている受験生は、小論文の出来に自信がある人か、國學院に出願し忘れたわざわざ時間を空けていた人だけでしょうからね。
 待合室で説明を聞き、3つのグループに分けられそれぞれの待合室へ。更にそれを4つのグループに分けられました。
 私はなんと、トップバッター。緊張する間もない。

 9:40、ゴングとともに開始(ゴングなんてないって)。
 某掲示板にて、圧迫面接との情報を得ていたので、どんな圧迫質問にも笑顔で対応してやろうと、常にフレンドリーに対応したところ・・・ん?関東学院よりもフレンドリー。質問内容は、今までで一番突っ込んだ内容でしたが。
 聞かれたことは主にステイトメントについて(細かくは質問集に反映します)。あとは、志望理由など、ごく一般的な内容。質問が連続していて、やや細かかったので、圧迫と感じる人もいるのでしょうね。数字のレベルまで話したからなあ。・・・それとも、俺が空気が読めなかったのか?
 ただ一つ、失敗したことが。私は法科大学院に合格することだけを考えていました。ところが、「合格後、授業だけじゃ新司法試験には受からないと思うんだけど、具体的にどうするつもり?」という質問を受けました。当たり前といえば当たり前のこと。従来、合格まで平均8年かかっていた司法試験に、3年で受かろうというのです。しかし、私は法科大学院に合格することだけを考えてきたため、この質問に即答できる答えを持っていませんでした。
 ・・・はぁぁぁぁ。

 面接所要時間は15分。20分の予定だったので、やはりダメだったのでしょうね。
 校門を出るあたりで大量の母親と幼稚園児を目撃。校門に掲げられる『成蹊小学校第3回説明会』の文字。
 お受験ですか。
 そういえば、うちの付属の小学校もそろそろこういった光景を見る時期。一応、お受験の名門と呼ばれる小学校ですからね。中学、高校、大学と、徐々にレベルダウンしているのが特徴w
 必死なママさんたち。興味なしの子供たち・・・。

 そして、私は10時半には駅前にいました。

 写真は、成蹊大学を取ってこようとしたのをすっかり忘れていたので、代わりに伊勢原駅の写真を。
 関連性は全くありません。



|

« ドラゴンクエストVIII | Main | 新・ラーメン食べ歩きツアー6『柿岡屋 吉祥寺店』 »

法律学と受験勉強」カテゴリの記事

Comments

お疲れ様でした、
遠いと大変ですねー

でも、質問は結構いい感じに
つっこんでくれますよね
なんか、圧迫のへやと
そうでない部屋がバラバラなので
まあ、お互い運がよかったってことで(^^)

ほんと人数がすくなかったんで
何とか拾ってもらえないですかね~
お互いうかってるといいですねー
コウシでした

Posted by: コウシ | Sep 25, 2004 at 10:30 PM

そうですね、人数は異様に少なかった。
しかし、ここは合格を定員+10くらいしか出さないので、それでもかなりの難関になることは間違いないでしょう。
なんといっても、受験者数が去年と同じ・・・。

面接は、今思うと全く緊張はしませんでした。
不思議。

Posted by: みやっち | Sep 26, 2004 at 12:18 AM

みやっちさん、同じ日の同じ時間に受けていたんですねぇ。
私の試験場(6Fです)も20人中10名いませんでした。
ということは小論文と他校受験で半分が欠席・・・ということでしょうか
お互い、お疲れ様でした。

Posted by: 永井貴穂 | Sep 26, 2004 at 10:41 PM

お疲れさまです。

今日最終組で面接受けてきました。志望動機については、あいまいだったせいか(本音では街弁志望なのですけど、無理矢理企業法務に関連させたから)ちょっと細かくつっこまれました(鬱)。

しかし、あとはさくっとスルーされた感じで、望みうすーーーな雰囲気です。お金の見通しと、既習を受けるかどうか、(社会人なので)仕事について、ちらっと聞かれました。

私の前の人が妙に長くて、25分くらいやっていたためか、私は結構短かったような……。

ちなみに、最終組の出席率はだいたいの見当ですけど、30/50くらいに見えました。小論はほぼ欠席なしだったように思えたので、かなり抜けてますね。

そうそう、ブログを移転して再開しました。

Posted by: RFLP(「うま」)改めVNTR | Sep 26, 2004 at 11:08 PM

>永井さん

6Fは最上階でしたっけ?私は、面接室Bです。
もしかして会ってますね(^^;;;

私も、小論文はあまり出来が良い方ではないので、他の試験があれば欠席していたかも知れません。気持ちはよくわかります。
でも、あれだけ受験生減っても、まだかなり高倍率なんですよね、成蹊は・・・。
去年の結果を見る限り、あまり多めには合格を出さず、且つ補欠も少ない・・・。


>VNTRさん

再開おめでとうございます!
欠席、2日目が一番多かったみたいですね。
しかし、どちらにしても欠席率が恐ろしく高いですね。

私も街弁志望なので、突っ込まれました。
そこで、「法科大学院の最大のメリットは、カリキュラムではなくともに学べる仲間がいることだ!」と主題を反らしました。
これが良かったかどうかはわかりませんが、とりあえずは試験官も納得してくれたようです。
受験生としては、アドミッションポリシー云々よりも、法科大学院に受かることが最も重要ですからね。矛盾も生じてしまいますよね。

Posted by: みやっち | Sep 27, 2004 at 02:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47695/15650281

Listed below are links to weblogs that reference 成蹊面接笑顔で敗退:

« ドラゴンクエストVIII | Main | 新・ラーメン食べ歩きツアー6『柿岡屋 吉祥寺店』 »