« なぜか三島へ | Main | 進路。 »

Aug 31, 2004

シリーズ城 Shiro-1

本丸 えー、私の大好きな歴史(といっても戦国期のみ)のシリーズをやりたいと思います。
 その名も、『シリーズ城』。そのままじゃん!
 ということで、第一弾は山中城です。


『山中城』
所在地:静岡県三島市
築城年:永禄年間(1567年?)
城 主:松田康長(後北条氏)

 箱根山の西山麓の旧東海道を巻き込む形で建っている、戦国末期の城。
 武田氏が北条氏と同盟関係にあった今川氏を攻め滅ぼしたことにより武田氏との関係が緊張したため、駿河との国境の守備のために築城された。
 その東海道を巻き込む構造から、関所としての機能も持っていたとみられる。
 全体に、堀(空堀ではなく水堀)が張り巡らされており、当時としてはかなり堅牢な城だったようだ。

堀 1571年、武田氏との講和がなるとその存在価値が薄れるも、北条氏政が豊臣秀吉の上洛命令を拒否し、更に秀吉の裁決によって確定した領域を越えて真田氏の名胡桃城を攻撃。秀吉との関係が悪化し宣戦布告を受け、山中城は前線基地として大改修が行われた。
 岱先出丸や西ノ丸はこのとき作られたもの。

 1590年3月29日、秀吉の小田原征伐の緒戦として戦端が切られた。
 正面を豊臣秀次2万、堀秀政2万、北側を徳川家康3万の兵に囲まれる。対する山中城は北条氏勝、松田康長、間宮康俊で兵4千。実に17倍の兵力に囲まれたわけだ。
 それでも、山中城勢は奮戦。岱先出丸を守る間宮康俊は、一柳直末を討ち取るなどの戦功を挙げた。
 しかし、間宮康俊が討ち死にし、岱先出丸、西ノ丸が落とされると風前の灯火。
 松田康長も討ち死にし、堅固といわれた山中城は半日で落城する。


二ノ丸 現在は、全体が公園として整備されており、とても綺麗。
 お弁当などを持っていくと良いかもしれない。
 全体を散策すると、2~3時間くらいかかる。城跡としては、なかなか大きい。
 なお、駐車場、売店、トイレを完備。JR三島駅からバスも出ています。


武将列伝

松田康長(1537~1590)
 後北条氏の家臣。御馬廻衆の一人で、相模中郡荻野郷503貫13文を領した。
 小田原征伐の守備のため、1589年に山中城城主となり、1590年3月29日の山中城落城のときに討死。

藤原氏秀郷流波多野氏族松田氏系図
頼秀─顕秀┬憲秀┬政堯(笠原氏)
     │  └秀治(加賀前田氏家臣)
     │   (結城秀勝家臣)
     └康定┬康郷─定勝
        └康長─直長(徳川旗本)


間宮康俊(1518~1590)
 後北条氏の家臣。玉縄衆の一人で、武蔵久良岐群杉田698貫122文を領した。
 氏康・氏政・氏直の三代に仕え、小田原征伐の折は副将として山中城を守る。1590年3月29日戦死。
 娘於久が宗閑寺を建立。

宇多源氏佐々木流間宮氏系図
信冬─信盛┬信元┬康俊┬於久(徳川家康側室)
     │  │  ├康次
     │  │  ├康信─直元(徳川旗本)
     │  │  ├信高─高則(徳川旗本)
     │  │  └元重┬元久
     │  │     └信次
     │  │(氷取間宮氏)
     │  ├綱信┬氏信
     │  │  ├頼次
     │  │  ├重信(徳川旗本)
     │  │  └重三
     │  ├信俊
     │  └信吉
     ├信次─信忠─信盛─信之┬盛次
     └信常         └俊信─教信
                     (徳川旗本)

※間宮林蔵や杉田玄白はこの家系


一柳直末(1546~1590)
 豊臣秀吉の家臣。1564年、秀吉より25貫を与えられる。近江浅井氏攻めで戦功を上げ250石を領する。
 後、大母衣衆となり、戦功を重ね、丹波山城に6200石を領する。
 賤ヶ岳の戦いで宇治槇之島城主1万石、小牧・長久手の戦いで美濃竹鼻城を攻め落とし、同城城主3万石。
 その後、紀伊雑賀攻め、阿波木津城攻めに従軍。美濃浮見城主6万石に加増されるも沙汰止みにより美濃大垣城2万5千石。1589年に美濃本巣郡軽海西城5万石。
 小田原征伐では堀秀政軍先鋒として参戦するも、討死。

越智氏河野流一柳氏系図
宣高─直高┬直末
     │(伊予西条藩)
     └直盛┬直重┬直興
        │  └直照
        │   (播磨小野藩)
        ├直家─直次─直好
        │   (伊予小松藩)
        └直頼─直治




|

« なぜか三島へ | Main | 進路。 »

旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47695/15650237

Listed below are links to weblogs that reference シリーズ城 Shiro-1:

« なぜか三島へ | Main | 進路。 »