« 北海道旅行、三日目 | Main | 北海道旅行、四日目 »

Aug 25, 2004

少年法改正

 今日はちょっとマジメに。
 なんでも、少年法を改正して14歳未満でも、少年院へ入所させることを認めたり、家宅捜索などの強制力の伴う捜査を行うことができるようにするそうです。

 うーむ。
 法務省の方針なのだそうなので、少なくとも私よりは少年法を理解していると思うのですが。

 そもそも、少年法で14歳未満に刑事責任を追及しないのは、その年齢の少年に「判断能力がない」からです。
 つまりは、14歳未満の少年は物事の善悪を判断できないのだから、行動について責任を持てない。責任を持てない者に刑罰を科しても意味がない。よって、更生に導いた方がいいという理論・・・ですよね(専門でもなければ特別それを勉強したわけでもないので、間違っていたら指摘してください)。
 ということは、14歳未満の少年に刑罰を与えたところで、意味がないのではないか、と思うのですが。
 言い換えると、「14歳未満の未熟な少年に、刑罰を与えるぞといったところで彼らが犯罪を思いとどまるとは思えない」ということです。少なくとも、大人ほど刑罰を科されることに対する抵抗はないでしょう。それがどういうことかわかっているとは言い難いです。

 また、社会通念上彼らに刑罰を科すことを是とする風潮が主流とは思えないというのもあります。
 被害者やその家族は当然罰を受けるべきだと考えるかも知れません。しかし、その他の多くの人は子供を少年院に送ることに抵抗があるのではないでしょうか。

 よって、私は今回の少年法改正には反対です。もっとも、14歳未満の犯罪を犯した少年、いわゆる触法少年の更生を進めるための施設は必要だと思いますが。



|

« 北海道旅行、三日目 | Main | 北海道旅行、四日目 »

法律学と受験勉強」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47695/15650225

Listed below are links to weblogs that reference 少年法改正:

« 北海道旅行、三日目 | Main | 北海道旅行、四日目 »