« 合同ゼミ、第1回会合 | Main | 佐々木、引退 »

Aug 10, 2004

凄いことに気がついた

 國學院の願書、出し忘れた・・・・。
 どうするよ・・・。

 まあ、その日は一次が受かっていれば某LSと被っているので、それほど問題はないけれど。
 ・・・受かればね

 今、私の前には中央の願書があるわけだが、これがまた、どうしたものか。
 志望理由書が、なんと1000字だというのだ。
 しかも、その中に志望動機・資質・能力に関する自己評価・大学や社会における活動実績を盛り込めと。
 ・・・をいをい。
 それは、お子様ランチの器に、フランス料理のフルコースをすべて乗せて持ってこいというくらい無理な話だ。
 早稲田1500字だって削るのに一苦労だったのに。

 でも、本田先生(中央大学大学院法務研究科教授)曰く「去年の入試では、ステートメントの内容が良いヤツは、点数悪くても一次突破させた」とのことなので、早稲田並みの重要性があるらしい。

 ・・・せめて、1200字ください。



|

« 合同ゼミ、第1回会合 | Main | 佐々木、引退 »

法律学と受験勉強」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47695/15650202

Listed below are links to weblogs that reference 凄いことに気がついた:

« 合同ゼミ、第1回会合 | Main | 佐々木、引退 »