Main | September 2004 »

August 2004 posts

Aug 31, 2004

シリーズ城 Shiro-1

本丸 えー、私の大好きな歴史(といっても戦国期のみ)のシリーズをやりたいと思います。
 その名も、『シリーズ城』。そのままじゃん!
 ということで、第一弾は山中城です。


『山中城』
所在地:静岡県三島市
築城年:永禄年間(1567年?)
城 主:松田康長(後北条氏)

 箱根山の西山麓の旧東海道を巻き込む形で建っている、戦国末期の城。
 武田氏が北条氏と同盟関係にあった今川氏を攻め滅ぼしたことにより武田氏との関係が緊張したため、駿河との国境の守備のために築城された。
 その東海道を巻き込む構造から、関所としての機能も持っていたとみられる。
 全体に、堀(空堀ではなく水堀)が張り巡らされており、当時としてはかなり堅牢な城だったようだ。

堀 1571年、武田氏との講和がなるとその存在価値が薄れるも、北条氏政が豊臣秀吉の上洛命令を拒否し、更に秀吉の裁決によって確定した領域を越えて真田氏の名胡桃城を攻撃。秀吉との関係が悪化し宣戦布告を受け、山中城は前線基地として大改修が行われた。
 岱先出丸や西ノ丸はこのとき作られたもの。

 1590年3月29日、秀吉の小田原征伐の緒戦として戦端が切られた。
 正面を豊臣秀次2万、堀秀政2万、北側を徳川家康3万の兵に囲まれる。対する山中城は北条氏勝、松田康長、間宮康俊で兵4千。実に17倍の兵力に囲まれたわけだ。
 それでも、山中城勢は奮戦。岱先出丸を守る間宮康俊は、一柳直末を討ち取るなどの戦功を挙げた。
 しかし、間宮康俊が討ち死にし、岱先出丸、西ノ丸が落とされると風前の灯火。
 松田康長も討ち死にし、堅固といわれた山中城は半日で落城する。


二ノ丸 現在は、全体が公園として整備されており、とても綺麗。
 お弁当などを持っていくと良いかもしれない。
 全体を散策すると、2~3時間くらいかかる。城跡としては、なかなか大きい。
 なお、駐車場、売店、トイレを完備。JR三島駅からバスも出ています。


武将列伝

松田康長(1537~1590)
 後北条氏の家臣。御馬廻衆の一人で、相模中郡荻野郷503貫13文を領した。
 小田原征伐の守備のため、1589年に山中城城主となり、1590年3月29日の山中城落城のときに討死。

藤原氏秀郷流波多野氏族松田氏系図
頼秀─顕秀┬憲秀┬政堯(笠原氏)
     │  └秀治(加賀前田氏家臣)
     │   (結城秀勝家臣)
     └康定┬康郷─定勝
        └康長─直長(徳川旗本)


間宮康俊(1518~1590)
 後北条氏の家臣。玉縄衆の一人で、武蔵久良岐群杉田698貫122文を領した。
 氏康・氏政・氏直の三代に仕え、小田原征伐の折は副将として山中城を守る。1590年3月29日戦死。
 娘於久が宗閑寺を建立。

宇多源氏佐々木流間宮氏系図
信冬─信盛┬信元┬康俊┬於久(徳川家康側室)
     │  │  ├康次
     │  │  ├康信─直元(徳川旗本)
     │  │  ├信高─高則(徳川旗本)
     │  │  └元重┬元久
     │  │     └信次
     │  │(氷取間宮氏)
     │  ├綱信┬氏信
     │  │  ├頼次
     │  │  ├重信(徳川旗本)
     │  │  └重三
     │  ├信俊
     │  └信吉
     ├信次─信忠─信盛─信之┬盛次
     └信常         └俊信─教信
                     (徳川旗本)

※間宮林蔵や杉田玄白はこの家系


一柳直末(1546~1590)
 豊臣秀吉の家臣。1564年、秀吉より25貫を与えられる。近江浅井氏攻めで戦功を上げ250石を領する。
 後、大母衣衆となり、戦功を重ね、丹波山城に6200石を領する。
 賤ヶ岳の戦いで宇治槇之島城主1万石、小牧・長久手の戦いで美濃竹鼻城を攻め落とし、同城城主3万石。
 その後、紀伊雑賀攻め、阿波木津城攻めに従軍。美濃浮見城主6万石に加増されるも沙汰止みにより美濃大垣城2万5千石。1589年に美濃本巣郡軽海西城5万石。
 小田原征伐では堀秀政軍先鋒として参戦するも、討死。

越智氏河野流一柳氏系図
宣高─直高┬直末
     │(伊予西条藩)
     └直盛┬直重┬直興
        │  └直照
        │   (播磨小野藩)
        ├直家─直次─直好
        │   (伊予小松藩)
        └直頼─直治




| | Comments (0) | TrackBack (0)

なぜか三島へ

魚河岸丸天 卸団地店 父が明日から会社なので、三島までドライブしました。
 っえ?なんで実家にいるかって?
 ヒントは、中央の打ち上げのとき、私はひどく眠かったということと、私とT先輩が乗った電車は小田急小田原線各停新松田行きであったということ。
 そう、察しがいい人はわかったはず。そう、寝過ごして、起きたときには実家の近くでした。
 で、そのまま今日まで実家に居座っているわけで。

大トロ定食 まあ、実家から三島までは1時間ちょっとくらいで着くので、結構近いんです。
 目的地は魚河岸丸天 卸団地店。地元では有名な、大衆食堂。メインは海産物。
 全体的に、安くて旨い。ただ、まあ1時間かけていくほどかと聞かれると、少し考える時間を頂きたい。そんな感じ。まあ、でも行くんだろうな(^^;
 で、写真は大トロ定食、価格はなんと2,100円。思わず本物か疑ってしまう値段。でも、少々筋張ってはいますが、脂ののった生マグロです。
 個人的には桜エビの刺身と天ぷら系。とても美味しいです。あと、御飯とみそ汁がお代わり自由なのも嬉しいですね。

 とりあえず、このために成蹊の願書を出し忘れた。そんな一日です。



| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 30, 2004

男前豆腐、手に入れる

男前豆腐 ついに手に入れました、男前豆腐。
 これは、以前『おすぎとピーコの金持ちA様×貧乏B様』の特許の回で紹介されていたもの。
 三和豆友食品という会社から出ている商品で、豆腐を紙のようなもので覆い、豆腐から出る水分を吸収、最終的には容器の底にたまって豆腐には戻らないという仕組み。詳しくは買ってみてくださいな。
 味は最高。凄まじく濃い。豆腐にはこだわる私が認める味。(いやまあ、普段は100円豆腐とか買ってますけど^^;)
 でもまあ、惹かれた理由は味よりもネーミングであることは言うまでもありません。

 とにかくまあ、お薦めです。
 一般に売っている豆腐の半分以上が、豆腐モドキであることがよくわかる商品です。



| | Comments (3) | TrackBack (2)

PC壊れる。

 やられた。今日起きたらパソコン壊れてやがる。
 インターネットを開こうとIEを起動したら、アプリケーションエラー。
 ステイトメントを書こうと一太郎を起動すると、アプリケーションエラー。

 ・・・。マズイぞ。
 今パソコンに昇天されると、ステイトメント原稿が全てパーだ。
 っていうか、作れない(正確には、手書きで作成すればいいんだけどね。面倒くさいから)。

 ここで考えられるのは、まず第一にウィルスだ。
 そこで、ウィルスバスターを機動。
 ・・・50分後。
 感染なし。

 そういえば、XPにはシステム復元という機能があったはず。
 2日前に復元。これでどうだ。
 ・・・10分後。
 変化なし。

 やばい、なおんねえ。

 こうなったらデフラグだ!
 ・・・1時間半後。
 もちろん変化なし。

 くそう、マイクロソフトめ。中途半端なものを出すからこういうことになるんだ!と八つ当たり。

 よし、思い切って1ヶ月前に戻す。
 ・・・10分後。
 復帰。
 よっしゃー。

 ということで、成蹊のステイトメント作成開始。



| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 29, 2004

アテネ五輪、閉幕その2

 アテネオリンピック、感想後編です。

5.陸上
 室伏選手、ついに金!やったね。
 ただ、室伏がアヌシュを告発したそうなので、これを受けて「そこまでして金メダルが欲しいのか」という頭の悪い人が出てこないことを切に願います。

 あと、マラソン。まず女子から。
 私は30km地点あたりから見たのですが、驚いたのは、野口選手がトップだったこと。正直、メダル圏がギリギリなんじゃないかと思ってました。すいません。
 そして、アナウンサーの絶叫とともに伝えられたラドクリフ選手のストップ。おそらく36km地点にたどり着くのでさえ、相当無理をしていたのではないでしょうか。
 ともかく、後ろにぴったり付けられているのに、両手を挙げて余裕の走りをしていた野口選手はかっこよかった(笑)

 次に男子マラソン。
 あのアイルランド人のおじさん、なぜ防げなかったのか。というか、彼は何がやりたいんだ?
 あれだけの妨害を受けて、笑顔でゴールしたリマ選手に讃辞を。

 最後に、棒高跳の澤野選手。飛べたときの喜び方が印象的。そして、よく見たら同い年らしい。これからも頑張ってください。


6.レスリング
 と聞いてまず思いつくのは浜口選手でしょう。もう、アニマル浜口が代表なのか、浜口京子が代表なのかわからない(笑)
 女子レスリングについては、全く見ていないので、このくらいで。

 男子レスリング、グレコローマンスタイル60kg級で面白い判定が。
 この種目は、下半身への攻撃を禁止しています。しかし、ナザリャン×笹本戦。笹本選手は下半身への攻撃をされて反撃できずに敗戦。後からビデオを見ると、明らかに下半身持ってるやん。
 どうも、オリンピックの審判は目が節穴なヤツが多いですねえ。


7.野球
 あのメンバーで負けちゃうとはね。
 それにしても、中畑ヘッドコーチは「負けた理由がわからない」と言っていましたが、私はコーチ陣に指導力がなかったからに他ならないと思っています。選手の能力だけに任せた布陣。全く戦略性がありませんでした。
 それにピッチャーの起用の仕方。松坂は確かに凄いのかも知れませんが、完投型の投手ではない上に、崩れると平均的なピッチャーよりもひどい敗戦になることはわかっていたはず。5回あたりでリリーフを出した方が良かったと思うのですが。どうでしょう?
 それに、選手のバイオリズム完全無視のスタメン。調子を落としていた中村をキーパーソンにするのは自殺行為でした。
 今度は選手よりも、コーチ陣の人事をもう少しよく考えた方がいいのではないかと思います。現役時代の高木コーチのファンだったので、あまり強くはいいませんが。


9.シンクロ
 シンクロはよくわからないですが、素晴らしかったと思います。あれでロシアに敵わないのならば、それはもう仕方がないのではないでしょうか。
 まあ、個人的にはもう少し優雅さを出した方がいいと思うのですが、審査基準とかはあまりわからないので、何とも言い難いですね。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

アテネ五輪、閉会その1

 アテネオリンピック、閉会しましたね。
 ということで、私が見た競技の感想総集編、行きます。

1.サッカー
 パラグアイ戦についてはこちら

 イタリア戦は、パラグアイ戦よりも動けていたし、内容的には良かったんじゃないかと思います。ただ、小野はやっぱり連携がうまくいかなかったみたいで。それが残念。
 まあ、負けはジラルディーノを抑えられなかったことに尽きると思います。


2.柔道
 谷、野村両選手についてはこちら

 内柴選手、鈴木選手、あれは強かった。オール一本勝ち。まさに世界一というのに相応しい勝ち方。
 どちらも、勝った瞬間、「やったー!」と思わず声を上げてしまいました(笑)近所の方、申し訳ない。
 まあ、今までに見たことのない決まり手で決まった試合もありますが、とにかく凄かった。
 女子柔道だと、谷本歩実選手が終わってから古賀コーチに抱きついたのに「わぉ」と(笑)


3.競泳
 北島選手、見事に金メダル。
 ただ、私が一番印象に残ったのは、「凄い童顔だな」ということ。いや、別に悪い意味じゃなくて。高校生でも通用するなと。少なくとも21には見えません。
 あとは、北島選手が結構な人気だということにも驚き。いやあ、正直知らなかった。たしかに、成績は掛け値なしに凄い。その努力も凄まじいものなのだと思う。しかし、ほかの選手より格段に注目されるのはなぜか。理由がよくわからない私は、人とセンスが違うのか?

 あとは、山本選手。千葉すず選手の夫だとは知りませんでした。またしても無知を露呈(笑)
 なかなかさわやかな方で。個人的には北島選手より好きです。

 最後に。そういえば、ソープってどうなったのかなと見たら、金とったらしいね。
 日本で全く注目されず。まあ、選考会で優勝したヤツを無理矢理辞退させての出場だしね。


4.体操
 男子体操団体、28年ぶりの金。「栄光の架け橋だ」のアナウンス。感動的でした。富田のコールマンの成功の瞬間、叫んだ人もいるでしょう。

 そういえば個人種目別。私は見ていなかったので、どの種目かわかりませんが、どうにも判定がおかしかったそうな。例えば、観客からブーイングが来れば点数上がるわ、難易度無視の採点するわ。森末さんが怒っていたのだけは見ました。そんなことしたら、競技レベルが下がるだけなのにねえ。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 28, 2004

気晴らし in SHINJUKU

からっぽ 試験の度に、飲みに行くのもどうかと思いますが。
 同じく中央大学を受験していた先輩U.M氏と、同じく法科大学院受験生の先輩T.H氏と三人で、新宿へgo。
 まず、T.H先輩のプリンタと電話機を買いにヨドバシカメラへ。

 最初、電話を買うため4Fへ。
 全機種8,800円。私が買ったときは、5,800円だった気が・・・。まあいいや。
 次にプリンタ。最近スキャナ付きのプリンタって安いのね。hpので3万円切ってた。

 そうそう、hpで思い出しましたが、日本でホームページをHPって表記するのって、ヒューレットパッカードの誤訳なんですよね。

 まあ、それはいいとして、ここで偶然去年卒業したサークルの先輩と遭遇。向こうは某プロバイダのキャンギャルのバイト。確か司法書士の勉強をしていたはず。頑張ってください。

 で、このあと新宿の繁華街をぐるりとまわり、最終的に靖国通り沿いの海峡へと落ち着きました。
 着いたのは16:30。開店10分前。
 私、居酒屋の開店待ち、生まれて初めてです。

 写真は、ここのお通し、ポップコーン・・・のなれの果て。
 ホントは名物唐揚げを撮る予定だったのを、すっかり忘れてた。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

中央大学、遠いよ

試験問題 さて、今日は第二戦『中央大学大学院法務研究科法務専攻』の試験日です。

 前日に駅すぱあとで電車を確認したので、今日は大丈夫だ。
 と、予定時刻に駅に到着。

 ん?おかしいぞ。電車が来ない。

 時刻表で確認。・・・、あ。今日って休日ダイヤじゃん(^^;
 急いで携帯で再検索。中央大学・明星大学到着予定時刻、9:15。良かった、ギリギリセーフだ。

 新百合ヶ丘駅で多摩線に乗り換えると、まわりはごっついひとばかり。一目で受験生とわかる。既に負けた気分(苦笑)

 で、9時頃多摩センター駅到着。前に来たときは、大学受験のとき。結局ここは蹴ってしまったので、それ以来来たことはなかったのですが、だいぶ変わってしまいました。
 なんせ、『そごう』がなくなってます。破綻したからなあ・・・。

 で、モノレールに乗りました。
 もうここまで来ると、まわりは全て受験生。凄まじい殺気。流石に緊張してきます。

 中央大学・明星大学駅に着くと、これまた凄まじい数の受験生。流石1800人も受けるだけある。
 この大学が国立並みにやたら広いことは学部の入試で経験済み。うちの大学など、付属全て含めても、2つくらいは余裕で入りそうだ。教室までたどり着くのに15分もかかった。

 教室に着くと、ほぼ同時に教授が説明を開始。よく見ると9:30。ホントにギリギリ。

 試験は2時間で2問。
 1問あたりの時間は大東文化とさほど変わりませんが、決定的に違うのが、出題の意図と難易度。
 問題は、未修では全く法学系を取る気はないぞと言わんばかりの「問1:ゆとり教育」と「問2:奇妙な伝統」。特に問2は、慣習法という意味では近いのかも知れませんが、もはやリーガルマインドとは関係がありません。こういった出題は法科大学院では少ない方でしょう。未修はその理念通り「法学とは無関係の者を取る」ことを強く主張しています。
 問1はいくらでも書ける内容で、全ての意見に対して全面賛成や全面反対でなく、一部賛成一部反対の主張をし、展開。おかげでずいぶん予定が狂ってしまいました。
 そのせいで割を食った問2。割けた時間は30分。これで何ができる(汗)
 5分で構成を考え、25分で表面の2/3を埋めたところで終了。
 私にとっては、小論文というよりいかに素早く文字を書くことができるかのテストでした。
 まあ、それでも問1は、細かい文法的間違いはあっても(書きながら気が付いていましたが、時間がなくて直せませんでした)、内容は結構良いはずだ。
 問2は、みんな表面を書くのが精一杯だったという話を聞いたので、量的にはそれほど問題はないと思いますが・・・。しかし、今日の試験でおそらくは1000人以上落ちるのでしょうから、それを考えると両方ほぼ完璧に仕上げないとキツイのかも知れません。そもそも、内容もあれで良かったのか凄く不安。去年と同じく掴み所がない問題だったからなあ。

 何はともあれ、こうして試験は終わったのです。



| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 27, 2004

北海道旅行、最終日

で、5日目。
※これは空想の旅行です。詳しくはこちら

06:10発 青森
 ↓JR東北本線
08:16着 八戸

ここで朝食。

08:56発 八戸
 ↓青い森鉄道
10:54着 盛岡
11:06発 盛岡
 ↓JR東北本線
12:34着 一ノ関
12:51発 一ノ関
 ↓JR東北本線
14:37着 仙台

昼食。牛タン万歳

16:08発 仙台
 ↓JR快速 仙台シティラビット6号
17:20着 福島
17:25発 福島
 ↓JR東北本線
19:18着 黒磯
19:24発 黒磯
 ↓JR東北本線
20:13着 宇都宮

夕飯。ぎょうざ~。

21:16発 宇都宮
 ↓JR東北本線
22:35着 赤羽
22:41発 赤羽
 ↓JR高崎線
22:57着 新宿

全行程5日間が終了。
お疲れ様でした。

・・・早く本当に行きたいなあ。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

いやあ、予想通り

大東大LS結果 これを書くと、私の適性の点数がばれそうですが。

 『大東文化大学大学院法務研究科法務専攻』選考結果
 補欠合格
 戦績:0勝0敗1分

 うーん。予想通りだ。
 適性の点数はそれほど秀でているわけでもない。職歴もなければ、資格もない。当然といえば当然の結果。

 昨年の繰り上げ合格者数は2名らしいので、もはやここは諦めた方がいいでしょう。
 ということで、今日、山梨学院大学LSのスカラシップに出願します。

 微妙だ・・・。
 明日頑張ろう・・・。



| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 26, 2004

駒大LS、出願

駒大LS 本日、駒澤大学法科大学院に出願しました。

 いやあ、河合塾の合同説明会のときに、日笠先生に熱弁されてしまって、急遽桐蔭横浜大学から鞍替えしてしまいました。

 ただ、一つ気になることが。
 ここって、ステイトメントが自己アピール書だけなんですよね。で、1800字。
 私は、そのうち1000字ばかり志望理由を書いてしまったのだが、これで良かったのだろうか・・・。
 なにぶん、私は学生です。職歴もなければ、難関資格も持っていない。強いて言えば、来月あたりある国際資格の認定証が届く予定ですが、今手元にないので提出しようがありません(語学系資格ではなく、結構弁護士活動に使えるヤツなんですが)。
 ということで、1000字を志望理由に回してしまいました。純粋な自己アピールとしては僅かに800字。ちょっと、不安。
 配点は100/300。マズかったら一発ハイッおしまい。

 まあいいか、成蹊頑張れば・・・。

 あー、明日は大東文化の合格発表だ。
 良くても補欠だろうな・・・。



| | Comments (2) | TrackBack (0)

北海道旅行、四日目

で、4日目。
※これは空想の旅行です。詳しくはこちら

第三チェックポイント。旭川醤油ラーメンを堪能。
これにて旅の目的達成!

17:41発 旭川
 ↓
19:17着 岩見沢
20:08発 岩見沢
 ↓JR函館本線
21:00着 札幌
22:00発 札幌
 ↓JR急行 はまなす
05:35着 青森

4日目終了。



| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 25, 2004

少年法改正

 今日はちょっとマジメに。
 なんでも、少年法を改正して14歳未満でも、少年院へ入所させることを認めたり、家宅捜索などの強制力の伴う捜査を行うことができるようにするそうです。

 うーむ。
 法務省の方針なのだそうなので、少なくとも私よりは少年法を理解していると思うのですが。

 そもそも、少年法で14歳未満に刑事責任を追及しないのは、その年齢の少年に「判断能力がない」からです。
 つまりは、14歳未満の少年は物事の善悪を判断できないのだから、行動について責任を持てない。責任を持てない者に刑罰を科しても意味がない。よって、更生に導いた方がいいという理論・・・ですよね(専門でもなければ特別それを勉強したわけでもないので、間違っていたら指摘してください)。
 ということは、14歳未満の少年に刑罰を与えたところで、意味がないのではないか、と思うのですが。
 言い換えると、「14歳未満の未熟な少年に、刑罰を与えるぞといったところで彼らが犯罪を思いとどまるとは思えない」ということです。少なくとも、大人ほど刑罰を科されることに対する抵抗はないでしょう。それがどういうことかわかっているとは言い難いです。

 また、社会通念上彼らに刑罰を科すことを是とする風潮が主流とは思えないというのもあります。
 被害者やその家族は当然罰を受けるべきだと考えるかも知れません。しかし、その他の多くの人は子供を少年院に送ることに抵抗があるのではないでしょうか。

 よって、私は今回の少年法改正には反対です。もっとも、14歳未満の犯罪を犯した少年、いわゆる触法少年の更生を進めるための施設は必要だと思いますが。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

北海道旅行、三日目

で、2日目。
※これは空想の旅行です。詳しくはこちら

第二チェックポイント。味噌ラーメンを堪能。時計台他観光

14:40発 札幌
 ↓JR函館本線
15:20着 岩見沢
15:28発 岩見沢
 ↓JR函館本線
17:11着 旭川

祖父母宅で1泊。

3日目終了



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 24, 2004

ちょっとした小旅行、in YOKOHAMA

関東学院大学 さて、今日は8月24日です。
 今日が何の日かと申しますと、『関東学院大学LS』の出願期限でございます。
 さてさて、じゃあもう一度確認して、郵便局に行くか。
 ・・・。ん?必着?・・・。うそーん。

 いや、正確には知ってました。はい。ただ、現実逃避してただけです。
 なにせ、今から出願を間に合わすには、直接法科大学院へ出願しなければならない。そう、金沢八景まで行かなければならないのだ。

 ということで、既に昨日中に出さなければ、郵送での出願は間に合わなかったのにもかかわらず、今日の朝に仕上がったステイトメントを印刷し、受験料を振り込んでから、電車に乗りました。
 徹夜明けの身体に電車はきつかった。あっさり寝てしまいました。で、なぜか大船。うーん。
 ここを降りたあたりから、何となく小旅行。
 鎌倉を経由し、逗子で降りたときにはもう完全に小旅行。
 なんか、神奈川というより、伊豆っぽい。

 大学のある場所は金沢八景というところ。よくありがちな、イメージが先行してしまって、後から無理矢理若者向けの店が出店してきてしまったような観光地。ここら辺は湘南に似ています。
 大学までは循環バスがでているらしいので、バス停に行ってみました。

 「8月31日まで運休」

 ・・・。そういうことは、パンフレットに書いておいてください。
 仕方なく徒歩で行くことにしました。15分と書いてありましたが、余裕で20分かかりました(^^;
 着いたところは、これがまた綺麗なんです。流石にうちの大学とは違います。うちってたぶん、開学以来立て直してないし・・・。
 警備のおじさんに入試センターの場所を聞き、突入。
 センターに行ってみると、いるいる。3,4人くらい。
 何してるか見てみると、何か書いている。何か書かされるのか!?
 よく見ると、その用紙はステイトメント!あー、そういう裏技があったか。っておい!
 ここまで来て書く人がいるとは。凄い根性だ。

 まあ、私はそれを横目に見つつ、提出。受取証をもらって退散。

 写真は、帰るときに守衛さんに隠れて撮影したものです。女子高生を隠し撮りしてるとか思われたら嫌だし。急いでたから、ちょっと下を向いちゃった。

 帰りは、その日は何かあったのか、夏休み中なのにもかかわらずたくさん付属の中高生がいたので、それをついて行ってみました。ちょっとしたストーカー気分(笑)
 案の定、裏道がありました。これを歩くと15分くらいで駅に着きました。

 そこで、関東学院大学から、卒業見込み証明書がありませんという電話をいただく。申し訳ありません。うちの大学は成績証明書の一番下に、卒業予定年月日が記載されるんです。

 ということで、一件落着。



| | Comments (2) | TrackBack (0)

北海道の旅、二日目

で、2日目。

06:05発 青森
 ↓JR特急 白鳥41号
09:20着 五稜郭

第一チェックポイント。塩ラーメンを堪能。五稜郭、その他を観光。物理的な問題はこの際無視

10:35発 五稜郭
 ↓JR函館本線
12:06着 森

昼食。もちろん駅弁『いかめし』。観光地も・・・きっとあるさ。

13:24発 森
 ↓JR函館本線
14:41着 長万部
15:11発 長万部
 ↓JR室蘭本線
16:49着 東室蘭
17:07発 東室蘭
 ↓JR室蘭本線
18:08着 苫小牧
18:22発 苫小牧
 ↓JR室蘭本線・手稲行
19:07着 北広島
19:09発 北広島
 ↓JR快速 エアポート187号
19:25着 札幌

夕飯はサッポロビール園。死ぬほど飲んで食うぞ

2日目終わり。ビジネスホテルに宿泊。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 23, 2004

北海道&東日本パスで行く、北海道の旅

 やっぱりこの夏、何処へも行けなかった・・・。
 でもどうしても行きたい。

 ということで、疑似体験しようと思いついたわけです。もう、かなり限界なのかな(^^;
 とりあえず、計画だけ立てるか。

 お題は『北海道 塩・味噌・醤油ラーメンの旅』
 函館、札幌、旭川を攻略することを主題に、北海道&東日本パス(普通列車限定)を使っての北海道旅行。
 今日から5回連続でお送りします。
 ※私は鉄ちゃんではないので、何らかのポリシーをもって作ったわけではありません。よって、堂々と急行や特急も使います。

 皆様に、ここで2つお願いがあります。
 1.通過ルートで、お薦めの観光地、名産品があれば、コメントお願いします。
 2.もっといいルートがあれば教えてください。


 で、1日目。

漫喫で夜を明かす。

 04:45発 新宿
  ↓JR山手線
 04:53着 池袋
 05:02発 池袋
  ↓JR埼京線
 05:10着 赤羽
 05:20発 赤羽
  ↓JR東北本線
 06:51着 宇都宮
 06:58発 宇都宮
  ↓JR東北本線
 07:48着 黒磯
 07:55発 黒磯
  ↓JR東北本線
 10:08着 福島

 ここで朝食 and 自由時間。

 11:00発 福島
  ↓JR東北本線
 12:37着 仙台
 12:40発 仙台
  ↓JR東北本線
 14:23着 一ノ関

 ここで昼食。まあ、立ち喰い蕎麦か何かを。

 14:57発 一ノ関
  ↓JR東北本線
 16:26着 盛岡

 もしくは、ここで椀子蕎麦とか?

 17:06発 盛岡
  ↓IGRいわて銀河鉄道
 18:58着 八戸
 19:13発 八戸
  ↓JR東北本線
 20:45着 青森

 ここで夕食 and 宿泊。うーむ。

 1日目終わり。問題はここで宿が取れるかw



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 22, 2004

駒大苫小牧、やったね

 オリンピックに押されてちょっと忘れられ気味の『第86回全国高校野球選手権大会』。略して夏の甲子園。
 自分は全く高校野球とは縁がないんですが。

 やりましたね、駒大苫小牧
 春夏合わせて北海道勢が優勝するのは今回が初めて。北海道は、冬練習できませんからね。ハンディありますよね。

 私は7回から見ました。まあ、オリンピックを見てましてね。(^_^;)
 ハッキリ言って、どっちが勝ってもおかしくない勢いが両校にありました。私は、父方の親戚が、ほぼ全て北海道なので、北海道代表を応援。

 9回の表、最後の済美のバッター、4番・鵜久森君。ホームランを打てば同点!
 いい目をしていました。こいつは打つかもと本気で思いました。
 で、打っちゃった。
 一瞬、あーやられた。と思いましたが、結果ショートフライ。

 結果、優勝

 決勝らしい、いい試合でした。



| | Comments (1) | TrackBack (2)

Aug 21, 2004

DNC、実はお仕事早いのね

成績カード 凄いです、大学入試センター。
 適性試験の成績カードを請求したのが木曜日。速達で発送。ということは、おそらくDNCに追加請求届が届いたのが翌金曜日午前。
 で、私の手元に来たのが土曜日午前。速達。

 ・・・。
 おお。DNC、成績カード即日発行ですか。大学の成績証明書の発行だって翌日なのに。日弁連の成績表追加発行だって5日くらいかかったのに。

 すげー、DNC。もう少しがんばれ、日弁連。

 但し、大学入試センターには一言いいたいことがあります。
 募集要項の、成績カード追加発行には1週間程度、場合によっては2週間程度と書いてありますね。間違いありませんね?
 確かに、成蹊の出願10日前なんかに請求した俺も悪い。しかし、一週間もかかるなんていうから速達で出しちゃったじゃないですか。
 俺の540円を返せ(怒)


 そうそう、早稲田中央から受験票が届きました。
 中央の受験票は手書きで教室が書かれていてナイス。
 ・・・、受験生総数くらい教えてください。>2校とも。



| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 20, 2004

よみうりランド『丘の湯』

岩風呂 試験の打ち上げに、友人3人とよみうりランドにこの度新しくできた『丘の湯』へ行ってきました。

 まず、小田急小田原線よみうりランド前駅で下車。
 いきなりここで問題。C.T氏が携帯なくしたと曰ったのです。
 「お前、家においてきたんじゃないの?」というまわりの再三の忠告をものともせず、駅員さんに紛失届を提出。
 家にあったらしょうちしねえぞ。

 はい、次の問題。よみうりランド行きのバス停がわかりません。
 で、交番に駆け込んだわけですが。・・・誰もいません。呼んでも来ません。
 備品の電話、盗んじゃおうかな(怒)
 税金泥棒警察の協力は得られなかったので、再びバス停探し。おばちゃんに教えてもらって結構あっさり発見。ありがとう、おばちゃん!

 そうして、ようやく着きました、丘の湯。

 お風呂はなかなか良い感じでした。
 それにしても、俺らが行ったのは21時過ぎだったのに、子供がいっぱい。いいのか?帰らなくても。
 
 タワーサウナ→水風呂→漢薬蒸風呂→寝湯→足湯→岩風呂→絹の湯→白湯あつ風呂→湯腰掛と、一通り堪能。

 そして、風呂上がりの一杯。もちろん牛乳。
 最高だね。この瞬間。
 で、そのまま風呂上がりのビールに継投。

 ・・・ん?もう22時?
 最終バス、行ってしまいましたが・・・。



| | Comments (0) | TrackBack (1)

大東文化、やっちゃった

千疋屋フルーツパーラー さて、本年度受験第一弾。「大東文化大学大学院法務研究科法務専攻」です。

 ここのところ、最悪のコンディションで、「寝坊」という凶悪なことだけはするまいと、実家から受験会場へ行くことにしました。
 で、起こされたわけです。6時半に。試験は10時からですよ、母上

 予想通り9時前に信濃町に着いてしまったものの、特にやることもないので大学院に行くことにし、募集要項にて場所を確認。
 「改札を出て、券売機に沿ってお進みください」
 ・・・。いくらなんでもアバウトすぎませんか?
 というか、今までみなかったのか、お前は。
 自分につっこんでも仕方がないので、とりあえず指示に従って進んでみる。あー、なるほど。駅ビルの中に大学院があるのか。

 会場入りが9時5分。こんな時間じゃ、受験生もまだほとんどいないだろうと思ったら、3分の1くらいは既に着席済み。
 うーむ、流石に人生を左右する試験だけはある。

 試験自体は50分。かなり短い部類にはいるだろう。
 試験は少年凶悪犯罪者の実名報道について。去年の試験からみると、順当なところ。
 おそらく、実名報道可で書けというのだろうと、容易に想像はついたが、自分で納得のいかない答案は書けない。
 我を通して反対の小論文を書く。

 とまあ、ここまでは普通の試験。そして、この後私は激しく後悔することになる。
 面接は、未修者と既修者を別に実施しますと。
 いや、まあ普通に考えればその通りなんですが。未修既修共通の試験なので、面接も同じ内容だと思ってました。

 未修で受けてたヤツの話だと、未修は2人ずつ、7~8分程度で、質問内容は志望理由とか、書類に関する質問だったらしい。
 私の受けた既修は、一人ずつ15~20分、質問は未修と同じ内容の他、法律の口述試験。
 はっはっは。この俺様に口述試験をするとは良い度胸だ。答えられるわけねえだろう。
 というか、質問は、面接が終わってから考えてみれば極めて基本的な内容で、逆に普通答えられるものだったが、既に緊張で頭が真っ白だった私はとちるとちる。

 で、まあ、結論からいうと、落ちたね。間違いなく。

 そうそう、写真は試験後に飲んだ千疋屋フルーツパーラーのオレンジジュースです。天地がひっくり返るほど、高かったです。



| | Comments (4) | TrackBack (0)

Aug 19, 2004

横浜高校とライブドア社長

 今日から試しに言葉を元に戻してみます。
 最近疲れているせいか言葉が少し、あくまで少し荒れてる気がするので。

 今日は、甲子園のお話。
 負けちゃいましたね、横浜。結構良い線行ってたんですけどね。
 それにしても、勝った苫小牧駒澤。北海道代表でここまで来たのって初めてなんじゃないですか?凄い。

 で、もどって横浜高校。
 実は負けたことにそれほど関心はなかったりします。というのも、横浜高校のナインって別に神奈川県出身じゃない選手がちょっぴり多め。で、ちょっと代表っていう意識は希薄。
 まあ、これは横浜高校に限ったことではなく、神奈川県ではもはや当たり前の状態なんですが。

 そもそも、神奈川県は最大の激戦区。今年の地区予選出場校数は195校。いい加減、地区を二つに分けませんか?
 ちょっと田舎の方に行けば、30校くらいしか出てなかったりするので、そういう県と比べるとかなりの不公平感があります。スカウト活動を頑張らなければ勝ち残れないのはわかりますが、地元色の高い公立高校をの方を応援したくなるのが本音というもの。
 ちなみに、今年の選手権予選、私の出身校はベスト32。4回戦敗退。平塚学園にしてやられました。

 そういえば、ライブドアの社長、今度は新球団作ると語ったそうですね。
 彼は何がやりたいのか、自分なりに分析してみました。
 社長はバッファローズに固執してるみたいですが、そもそも近鉄の前にダイエーにも買収の声をかけていることから見ると、近鉄に特別の感情を抱いていると考えるのは矛盾します。やはり、投資目的なのでしょうか。しかし、まともな経営者ならば真っ赤な帳簿はキライなはずで、ましてや近鉄の赤字体質はほぼ不治の病。違うのか。うーむ、非常に難解な問題だな。
 そうなるとやはり、球団設立が無理なのを逆手に取った宣伝活動とみるC.T氏の見解は否定できないか。
 俺を無視するとはいい根性だとばかりに会社の金を使って喧嘩を売ろうとしてるとかだったら、おもしろいんだけどな。



| | Comments (5) | TrackBack (2)

Aug 18, 2004

ボーダフォンの新社長

 ここのところ、一日に2~3回書くことが多いです。
 で、ちょっと自粛して、1つ明日にまわすことにしました。オリンピックネタです。

 でまあ、昨日の日経新聞の一面記事。
 「ボーダフォン新社長にNTTドコモ前副社長の津田氏

 なんでも、NTT内の勢力争いに敗れ、飛ばされた人物らしいです。で、この度ボーダフォンに寝返ったというわけですね。
 当然といえば、当然の話。裏切らせるような下地を作ったNTTは、今頃後悔している頃でしょう。

 この記事を読んだとき、思ったこと。
 前にもこんなことあったよな

 皆さんは覚えているでしょうか。
 その昔、織田裕二がNTTドコモのCM契約の終了直後、突如としてIDOのCMに登場。
 しかも、携帯電話を買い換えるという内容のCM。(詳しくはこちら
 当時、物議を醸し出したCMです。

 IDOは2000年にKDDとDDIと合併し、現在のKDDIとなっています。まあ、いわゆるauです。
 ・・・あー。今の中高生って、もしかしてこの事実を知らないのかな。
 俺も少々年を食ったわけだw

 で、何がいいたいかというと、懐かしいこと思い出したと。それだけです。

 携帯電話、今や高校生はみんな持ってるもんね。
 私が高校のときって、まだポケベルだったよ。でも、今や東京テレメッセージも潰れる時代。
 だいぶ変わったよね。



| | Comments (4) | TrackBack (0)

Aug 17, 2004

LECの面接講座

 明明後日が大東文化大の試験日なので、ちょっと溜めていた面接講座をビデオブースにて受講。

 第1講は、まあ基本的な面接の受け方。入室の仕方とか、話し方とか。ほうほうと思うところもあったし、一応、おさらいができたってことで良しとします。

 第2講は、ステートメント講座。おいおい、LEC。私が問い合わせたときにはステートメントの講座は別途申し込んでくださいとかいってたじゃないか。じゃあ、この講座はなんなんですか?

 まあ、それはいいとして、この講座、鋭い。流石に高額のお金を取っているだけのことはあります
 内容も比較的良かったと思いますが、ポイントはそこじゃない。講師の言った一言。

 「まさか、法曹の志望理由に金儲けがしたいからとか、今の地位は自分にとって不足だからとか、私は天才だから弁護士にでもなってやろうとかいうことを書く人はいないでしょうけれども・・・」(一部脚色有り)

 某法科大学院教授の話だと、この手の話を書く人は非常に多いらしいです。
 「一般職で、大きい仕事をさせて貰えないから一念発起」とか、「会社を経営していて成功を収めたから、弁護士としても一旗揚げたい」とか、「私は大学教授でとても頭が良い。合格させないと損をするぞ」といった具合。(こちらもやや脚色有り)
 こういったものの多くは、明らかに見栄や金のために法曹になりたいというのが透けて見えるそうです。

 普通に考えたら、合格しないことは明らかだと思うのだけれど・・・。どうしてこんなこと書くんだろうか。



| | Comments (2) | TrackBack (0)

刑法に人身売買罪が追加

 ついに、人身売買罪が追加されるそうだ。法定刑は懲役3月~10年の予定。

 これは、人を「金銭などの対価を受けて売り渡す」ことと「買い受ける」ことを禁止した法律です。
 要するに、歌舞伎町などにいる、ヤクザに売春をさせられている外国人女性なんかをこれ以上増やさないために作られたものだといえます。
 さらに、これとともに、逮捕・監禁罪と未成年者略取・誘拐罪の法定刑も懲役5年から7年まで引き上げるそうです。

 そうそう、これで気になったのは「生命や身体に害を加える目的で人を連れ去る行為を略取・誘拐罪の適用対象に加えた」ということです。
 違ってたらごめんなさい。略取・誘拐罪の保護法益の通説は「被拐取者の自由及び親権者の保護監護権」だったよね?
 ということは、ここの論点は大谷先生の勝利ってことになるのかな。いや、そもそも略取・誘拐罪が根本から覆るってことか。

 まあ、あとは人身売買罪の適用範囲が結構広いようなので、もしかしたら批判とか出るのかなと。

 それにしてもこの法律、今まで無かったのが不思議なくらいです。
 だいたい、アメリカから人身売買の監視対象国に指定されてから急いで作ったでしょ。アメリカにそんなこといわれるのは余計なお世話もいいところで、人のこと言う前に自分のところなんとかしろよと逆にいってやりたいくらいだが、アメリカにいわれなければ作らない日本政府も小一時間問い詰めたい。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 16, 2004

合同ゼミ第2回会合

 やられたよ。まさかとは思ってたけど。

 待ち合わせの時刻に資料室に行ったらさ。誰もいねえの
 流石にこれにはキレたね。だってさ、俺が昨日徹夜したのって、昨日の午前4時くらいまで田原論文まとめてたからなのですよ。昨日は中央大LSの出願期限でしたが、いくら準備の悪い私だって、ベースのステートメントをある程度は中央大用にカスタマイズ済みだったわけで、徹夜をする必要性はなかったのですよ。

 だいたい、来られないんだったら、もっと前に言え
 私だって、今日はホントは予定があったのを無理して来たんですよ。

 で、結局来たのは2人よ。どういうことです、これ。

 これ以上怒らせないでくださいね。

 ということで、まあ一頻り言ったところで、一息。

 合同ゼミとは、毎年、全国の複数の大学の民事訴訟法ゼミが一カ所に集まって、指定された判例についての私見を発表し、討論するというものです。
 毎年参加大学は変動があるのですが、今年の参加大学は、北から東北学院大学早稲田大学成城大学名古屋大学名古屋経済大学岡山大学松山大学の計7大学。
 で、今回うちの班が担当しているのは、最高裁第一小法廷判決平成15年6月12日。管理処分がなされた後の組合員に当事者適格はあるか、といった事案です。

 ここで問題発生。俺は商法が苦手だw
 理由は簡単、民法と混同したり、やたら細かい規定があったりするから。
 さて、どうしたものか。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

中央大LS、願書提出

 こんなに個人情報流してていいんだろうか・・・。
 まあ、ここまでってことで。

 中央大学の願書を提出しました。またしても締切日。
 しかも、ステートメント書き終わったのが、徹夜して午前7時
 いい加減、事前に用意するってことができないのかね。

 さて、本日、流石に俺も、俺自身にあきれた。
 中央って併願すると、受験料¥70,000なのね。知らなかった。
 他のところって、¥35,000で併願させてくれるじゃん?ぼったくるのって日大くらいだと思ってた
 で、困った。¥70,000なんて金はありません。そもそも、俺がほとんどの大学院を既修併願で出しているのは受験料が未修でも既修でも変わらないからであって、2倍だというなら話は別。
 だいたい俺に中央の既修者試験が突破できるわけがない。突破できるくらいなら、もう少し現行司法試験を頑張りますよ。

 ということで、未修単願に決定!

 8月は、とりあえず小論文対策を重点的にやるかな。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 15, 2004

野村選手の扱い

 ちょっと酷いと思いませんか?
 オリンピックでV3ですよ。金メダル3つめですよ。

 なぜ一面の写真は谷亮子?

 谷選手を否定する気はありません。
 金ですから。一面アップを飾ってもおかしくはないでしょう。

 しかーし、圧倒的強さでの野村選手はV3。
 うーん。納得がいかない。

 しかも、天下の朝日新聞も巨大写真は谷亮子。
 しっかりしてくれ

 で、今日。
 横沢選手、準決勝凄かった。まさにドラマ。
 時計が0分を指す直前の一本勝ち。
 感動した。いや、ホントに。
 決勝で負けてしまったが、今日の試合で一番印象に残った選手。

 男子66kg以下級の内柴選手、強かった。
 なんでも、奥さんのために勝ちたかったそうだ。
 あんた男だ

 これで、柔道金3・銀1。
 流石にお家芸だけあるね。強い。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 14, 2004

深夜の湘南ドライブ

鶴岡八幡宮 昨日の夜、O.T氏とC.T氏ペアが変なことを言い出した。

 「今から平塚行くから」

 ・・・は?
 ・・・本気?・・・だったらしい。
 奴らは午前1時に終電でやってきた。

 ということで、深夜の湘南ドライブへGO。

 深夜に国道134号なんて走ったことなかったから知らなかったけど、酷いのね。特に江ノ島あたり。
 ヤン車による無法地帯。道路交通法なんて聞いたことないし、信号や標識なんて見たこともないといった連中ばっか。
 まあ、あんな時間に運転しているヤツなんて、どうしようもないヤツしかいないよね。俺らも含めて

 で、鎌倉まで行ってしまったわけです。
 写真は鶴岡八幡宮です。見えにくいけど。撮影時間は深夜3時
 警備員さんの砂糖灯籠の蘊蓄を聞きつつ、帰路に着いたわけですが(警備員さん、ご苦労様)。

 もう、深夜に来るのはやめてくださいm(__)m



| | Comments (4) | TrackBack (0)

大東大LS、一次通過

 とりあえず、受験生らしく。

 昨日の話ですが、大東文化大学大学院法務研究科の一次選考に合格しました
 去年に比べて適性試験の点数が低いので、一次を通過できるかちょっと心配だったけど、大丈夫だったみたい。
 最初、合格者一覧の受験番号を縦読みしちゃって。自分の番号がなくて焦っちゃったw

 でも、大東文化は適性試験をメチャクチャ重視するので、二次試験はかなり苦戦しそうです。

 一応、去年と合わせて一次試験通過率100%
 まあ、二次を通過しないと意味ないんだけどねw



| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 13, 2004

ナベツネ失脚

 まあ、これを聞いたときに最初に「ざまーみろ」と思ったが、よくよく考えたらそうでもない。
 というのも、ナベツネが消えるとリーグ再編問題が混乱する。1リーグ派は、ナベツネの後ろに隠れて叫んでいればいいし、2リーグ派は、ナベツネを批判すればいい。
 つまり、憎まれっ子は世にはばかってもらわなければならないのだ。

 しかし、今回の騒動で最も被害を被ったのは一場だろう。
 金もらったんだから、ある程度はしょうがないが、スカウトがお金を渡すのは今に始まったことじゃない
 どこか取ってくれるところがあるんだろうか・・・。

 まあちょっと違うが、この前、横浜でも自由獲得枠の選手が取り消されたよね。
 結局どこも取らなくて、あいつはメジャーに行ったけどさ。・・・3A落ちしたあとどうなったんだろう。



| | Comments (2) | TrackBack (0)

どうした、日本代表

 まあ、なんだ。夜更かしして、オリンピック・サッカー日本代表の試合を見ていたわけです。

 前半、素人(昔、少年サッカーチームにはいたけど)の俺にも一目でわかるほど、動きの悪い日本代表。

 おいおい、どうした。
 やはり、オリンピックのプレッシャーは凄いようだ。

 それでも、小野の2点目からずいぶん動きが良くなった。
 あの動きが最初からできていれば、少なくともドローにはできたんじゃないかと思うが。
 いや、パラグアイ、かなり上手かったしな。

 そうそう、今回改めて思ったことは、FIFAランキングとU-23のレベルは相関性がないということ。
 イタリアは格下のガーナとドロー、同じくポルトガルもイラクに負けた

 とにかく、日本は次負ければ後がない。
 頑張って欲しい。



| | Comments (0)

佐々木、現役続行

 佐々木引退報道の続報が届いた。

僕が引退という言葉を口にしたことは一度もありません

 現役続行決定!
 ばんざーい!!
 そうだ、頑張ってくださいよ!

 それにしても、今回のことでわかった事実。
 それは、佐々木は超大物ということ。
 というのも、新聞各社がWeb版の主要ニュースとして、佐々木の引退の記事をトップに掲載したことだ。
 俺が思っていた以上に大物だったようだ。すみません、侮ってました。

 ということで、引退撤回記事特集!?

 朝日新聞
 読売新聞
 毎日新聞
 日経新聞



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 12, 2004

従兄が結婚するそうだ

 以前から結婚するとは聞いていたが、とうとう結婚するそうだ

 お相手の方とはお会いしたことはないが、かなりの才媛とのこと。一度お会いしたいものだ。

 しかしまあ、ここで問題が生じた。
 結婚式が9月17日なのだ。

 ・・・獨協の一次試験と被ってる

 式場と試験会場は東京のはずれとはずれ。どう考えても間に合わない。
 適性試験の結果から考えて、上位ローに合格する可能性が波平さんの頭より薄いので、中堅ローはできるだけ多く受けたい。

 うーん。
 でも、受かっても通うの大変そうだしなあ。
 やっぱ受験やめるかなあ。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

UFJ合併問題

 法学部生らしく、法律の話など。

 東京高裁が、なかなか面白い決定をしたそうだ。

住友信託が仮処分申請してUFJに喧嘩売ったから、この契約、なしね。

 ・・・。
 一瞬なんの話かわからなかった。
 何でも、「住友信託の言ってる独占交渉の契約は認めるけど、住友信託がUFJグループと三菱東京FGの合併交渉中止の仮処分申請をしたことで、住友信託とUFJの信頼関係は破壊されたので、これ以上交渉しても無駄でしょ?だから中止する必要ないじゃん。」ってことらしい。

 をいをい。
 いやまあ、正気の沙汰とは思えない。
 そもそも、契約の白紙撤回を一方的にしてきたのはUFJ側であり、住友信託はそれに対する救済を求めて来た側だ。
 それをよりにもよって、「お前が悪い」と言わんばかりの判断である。
 つまり、東京高裁は裁判所に来ちゃダメという、自らのアンチテーゼを唱えたわけだ。
 よもや法律家の判断とは思えない

 この件に関しては、以前『週刊ダイヤモンド』の特集記事で読んだが、なんでもUFJが突然三菱東京とくっつくと言いだした背景には金融庁からの圧力があったらしい。
 ここら辺、ちょっときな臭い。まあ、あり得ないことだが裁判所の事務方から法廷に圧力がかかったんじゃないかなんて勘ぐってみたくもなる。

 この件は最高裁まで行くそうなので、そこでの判断に注目したい。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 11, 2004

佐々木、引退

 今日のネタ、西東京繋がりで日大三高にしようかと思っていたら、とんでも無いニュースが飛び込んできた。

横浜の佐々木主浩投手、引退

 まじで?

 佐々木投手といえば「ハマの大魔神」の異名を取る、日本屈指のストッパーである。
 確かに、今年の当番を見る限り明らかに限界であることはわかっていた。
 しかし、巨人の工藤みっともなくも、まだ現役を続けているではないか。
 今期くらいは続けられないだろうか。

 俺が高2のときに日本一になったのは、佐々木の功績が大きい。
 佐々木は横浜の象徴なのだ。

 俺は、新庄から三振を取って抱き合った佐々木投手と谷繁捕手(現中日)の姿を忘れない。

 とにかく、情報が少ない。続報を待つ。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 10, 2004

凄いことに気がついた

 國學院の願書、出し忘れた・・・・。
 どうするよ・・・。

 まあ、その日は一次が受かっていれば某LSと被っているので、それほど問題はないけれど。
 ・・・受かればね

 今、私の前には中央の願書があるわけだが、これがまた、どうしたものか。
 志望理由書が、なんと1000字だというのだ。
 しかも、その中に志望動機・資質・能力に関する自己評価・大学や社会における活動実績を盛り込めと。
 ・・・をいをい。
 それは、お子様ランチの器に、フランス料理のフルコースをすべて乗せて持ってこいというくらい無理な話だ。
 早稲田1500字だって削るのに一苦労だったのに。

 でも、本田先生(中央大学大学院法務研究科教授)曰く「去年の入試では、ステートメントの内容が良いヤツは、点数悪くても一次突破させた」とのことなので、早稲田並みの重要性があるらしい。

 ・・・せめて、1200字ください。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 09, 2004

合同ゼミ、第1回会合

 おい、今日かよw

 前々から召集はかけていたのですが、みんな実家とかに帰っててね。集まらなかったんですよ。
 で、今日思い出した。うちの班、男俺一人。いろいろな意味で辛い

 しかも、よく考えたらさあ。大学今日からお盆休み
 やっちまった。資料が集められない。

 重判解説、買っておいて良かった。
 これなかったら、地獄を見るところでした。

 うーむ、今日は全く面白味がない一日だ。

 それにしても、一つ言いたいことがある。
 我が友人たち、なぜブログをコメント不可にする。
 面白味が半減するではないか。



| | Comments (2)

Aug 08, 2004

Weblog、開始

 流行には勝てず、Weblogに手を出してみました。
 でも、何がなんだかよくわかんねえ

 とりあえずいじってみるか。

 そういえば、今までの日記はhttp://www.adachizemi.ws/nikki/calen.cgiに移転しました。


 で、ブログの話に戻りますが、いろいろと検討した結果、やはり@niftyにしました。
 友人S.H氏はライブドアを奨めてくれましたが、「ブログの先輩」C.T氏はライブドアを使用中。
 かぶるのは嫌だ
 ということで、元々IDをもっていた@niftyに落ち着いたわけです。


 2日前に戻って、ブログでできることをチェックしつつ日記を更新。
 うまくいってるかな?



| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 07, 2004

北京の皆さん、お疲れ様

 やっぱり今日も凄かったですね、ブーイング。
 サッカーの国際試合ですよ?いくら何でも態度悪いんじゃない?

 日本ではあまり報道していませんが、あのブーイングを裏で煽動している団体がいるらしいということは聞きました。
 どっちにしても、中国人ってノリが良いね

 北京オリンピックもこの調子だと、選手は生きて帰ってこれないんじゃないだろうか?いや、それ以前に観客も生きては帰れないかも知れないな。
 しかも、中国は嘘の報道してるし。
 ここまでいくと、もう天晴れとしかいいようがないが。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 06, 2004

聘珍樓恐るべし

巫女さん 横浜中華街に行ってきました。デートです、はい。
 行ったお店は聘珍樓。飲茶の大御所です。
 やっぱりすごい、場末の中華料理屋とは通貨単位が違う。これが一番安いコースなんですか。

 料理の一つ一つを噛み締めつつ、美味しく頂きました。
 いや、マジで美味しかったです。


 で、写真の巫女さんですが、時間が余ったので行った、「鶴岡八幡宮」の巫女さんです。
 なんか、ちょうどお祭りをやっていたみたい。

 感動したのは、この巫女さんたち。たぶんバイトだと思いますが、言葉遣いがとても丁寧でした。
 「それでは参りましょう」とかいってんの。すごい



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 05, 2004

実家のIT革命 II

 昨日買ってきた無線LAN一式を設置。
 意外と簡単。

 電波って意外と飛ぶもんですね。流石にスピードは若干遅い気もしますが、このくらいなら、慣れればたいして気にはなるまい。問題は、暗号化するためのソフトがまだ入ってないってことくらいか(それが問題なんじゃなかろうか)。
 なんだかんだいって、だまくらかしてホットスポットに接続するためのカードも買わしたし(笑)



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 04, 2004

実家のIT革命

 実家に帰省中にやっておかなければならないこと。それは、せっかくFTTHを導入したのに、活用していないことを改善することである。
 というのも、うちの方々はFTTHといわず、ほとんどネットに関する知識がない。契約してから私が帰るまで、なにもせず放置していたわけだ。

 もったいない。

 ということで、検討を開始。
 うちでネットを使うのは、私と親父の2台のPC。これを別々の部屋で使う。今までは、私の滅多に使わないPCにADSL、親父が毎日使うPCにAir-Hという非効率的で且つ大損的な使い方をしていた。

 もう大盤振る舞い。

 これを改善すべく、2台のPCをFTTHへ一括し、現在使用中の2回線を解約しよう。
 そこで問題が発生。部屋の配置から考えて、ケーブルの長さは総計40m程度になると推定。

 長いよ。

 流石に家の中を縦横無尽にケーブルで張り巡らせる気にはならない。
 ということで、ある考えが浮かんだ。

 電波で飛ばしてしまえ。

 ・・・そう。いわゆる「無線LAN」というヤツだ。
 で、今日はこれを地元のNOJIMAに買いに行ったわけです。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 03, 2004

出願、完了

 とりあえず、出願書類の確認は5回やった。これで忘れ物があったらシャレだな。

 ・・・でも、早稲田はなんでこんなにコピーを取らせたがるんだろ。

 それに、募集要項の至る所に「虚偽の申請をしたものと見なします」と。
 半ば脅迫だ。

 あー、めんど。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 02, 2004

IWC

 早稲田に提出する課題をちょうど良く総会を開いていたIWCに決定。IWC、実にツッコミどころのある機関だ。

 特に、アメリカが面白い。
 「鯨は絶滅する可能性があるから、商業捕鯨しちゃダメ!」って自分でいってるのに、舌の根も乾かぬうちに、「うち、鯨取るから宜しく!」だそう。
 ・・・。オイ。しかもそれ、一番個体数の少ないヤツやんか。

 まあ、あと面白いことといったら、議長が日本の発言の途中で遮ったり、順番とばしちゃったりすることね。まるで小学生のイジメだ。

 どっかで買ってきた鯨の肉を、日本の市場に流れてた闇肉だと言ってイチャモン付けてくるなんてNGOもあったっけ。(まあ、グ○ーン○ースなんだけどさ)

 ということで、話題には事欠かないこのIWCこそ課題に最適だ。
 ・・・なのか?



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 01, 2004

ラーメン、リベンジ

 10日ほど前にやられた「支那そば むら田」にリベンジ。
 流石に日曜はやってるだろうと思って行ったら、やっぱりやってました。

 数ヶ月ぶりのむら田。
 ・・・。
 ・・・。
 ・・・。
 おやじ、スープ失敗してるぞ?薄い!
 どうも、醤油より塩をきかせたらしいです。余計なことをするな、おやじ。いつものラーメンで十分うまい。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | September 2004 »