« アテネ五輪、閉会その1 | Main | PC壊れる。 »

Aug 29, 2004

アテネ五輪、閉幕その2

 アテネオリンピック、感想後編です。

5.陸上
 室伏選手、ついに金!やったね。
 ただ、室伏がアヌシュを告発したそうなので、これを受けて「そこまでして金メダルが欲しいのか」という頭の悪い人が出てこないことを切に願います。

 あと、マラソン。まず女子から。
 私は30km地点あたりから見たのですが、驚いたのは、野口選手がトップだったこと。正直、メダル圏がギリギリなんじゃないかと思ってました。すいません。
 そして、アナウンサーの絶叫とともに伝えられたラドクリフ選手のストップ。おそらく36km地点にたどり着くのでさえ、相当無理をしていたのではないでしょうか。
 ともかく、後ろにぴったり付けられているのに、両手を挙げて余裕の走りをしていた野口選手はかっこよかった(笑)

 次に男子マラソン。
 あのアイルランド人のおじさん、なぜ防げなかったのか。というか、彼は何がやりたいんだ?
 あれだけの妨害を受けて、笑顔でゴールしたリマ選手に讃辞を。

 最後に、棒高跳の澤野選手。飛べたときの喜び方が印象的。そして、よく見たら同い年らしい。これからも頑張ってください。


6.レスリング
 と聞いてまず思いつくのは浜口選手でしょう。もう、アニマル浜口が代表なのか、浜口京子が代表なのかわからない(笑)
 女子レスリングについては、全く見ていないので、このくらいで。

 男子レスリング、グレコローマンスタイル60kg級で面白い判定が。
 この種目は、下半身への攻撃を禁止しています。しかし、ナザリャン×笹本戦。笹本選手は下半身への攻撃をされて反撃できずに敗戦。後からビデオを見ると、明らかに下半身持ってるやん。
 どうも、オリンピックの審判は目が節穴なヤツが多いですねえ。


7.野球
 あのメンバーで負けちゃうとはね。
 それにしても、中畑ヘッドコーチは「負けた理由がわからない」と言っていましたが、私はコーチ陣に指導力がなかったからに他ならないと思っています。選手の能力だけに任せた布陣。全く戦略性がありませんでした。
 それにピッチャーの起用の仕方。松坂は確かに凄いのかも知れませんが、完投型の投手ではない上に、崩れると平均的なピッチャーよりもひどい敗戦になることはわかっていたはず。5回あたりでリリーフを出した方が良かったと思うのですが。どうでしょう?
 それに、選手のバイオリズム完全無視のスタメン。調子を落としていた中村をキーパーソンにするのは自殺行為でした。
 今度は選手よりも、コーチ陣の人事をもう少しよく考えた方がいいのではないかと思います。現役時代の高木コーチのファンだったので、あまり強くはいいませんが。


9.シンクロ
 シンクロはよくわからないですが、素晴らしかったと思います。あれでロシアに敵わないのならば、それはもう仕方がないのではないでしょうか。
 まあ、個人的にはもう少し優雅さを出した方がいいと思うのですが、審査基準とかはあまりわからないので、何とも言い難いですね。



|

« アテネ五輪、閉会その1 | Main | PC壊れる。 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47695/15650233

Listed below are links to weblogs that reference アテネ五輪、閉幕その2:

« アテネ五輪、閉会その1 | Main | PC壊れる。 »